スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒井チェリー「ワンダフルデイズ」1巻

荒井チェリー「ワンダフルデイズ」1巻

薫「育ってるせいかさー おかげで座敷童子の効果少ないんだよね 富とか繁栄とかいうやつ」

壱「でも小粒な幸せは多いよ お年玉つき年賀で切手シートがたくさんあたるとかさ」

さち「すっすごい事じゃないですかー!! わっ私今まで一度も当たった事ありませんーっ」

壱「そ…そうなの!?」

(荒井チェリー「ワンダフルデイズ」1巻 p.12より)

『まんがタイムきららMAX』で連載中の4コマ漫画。何かと不幸やら霊やらを呼び寄せてしまう主人公・金子さち。彼女が新しく引っ越してきたアパートの部屋には、大人になってしまった座敷童子・壱が住み着いていた。そして何の因果か、さちは壱と同居することになってしまった、という話。単行本1巻の描き下ろしは金子家の大家族の話。カバー裏にはアパートの大家・岡田薫の少年時代4コマ漫画。

座敷童子以外にも、戦闘能力が妙に高い狼女(犬女)、外見は小学生だが人生経験豊富な雪女、気弱だけど脱いだらすごい(らしい)ろくろ首、恋に熱しやすく冷めやすい猫又と、個性的な妖怪だらけのこのアパート。これらのキャラの魅力もさることながら、キャラと密接に結びつけられたギャグも面白い。

荒井氏は現在、『まんがタイムきらら』と『まんがタイムきららキャラット』にて「三者三葉」を連載中。また、3月23日に創刊のストーリー漫画雑誌『まんがタイムきららフォワード』にも執筆予定。『まんがタイム』で連載されていた「ゆかにっし」と、 『まんがホーム』で連載されていた「みおにっき」も単行本化の予定。今後も荒井氏には要注目。

関連リンク

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/177-bba1b678

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。