スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端整な描線の作品が目を引く新4コマ企画 - メディアファクトリー『コミックキューン』2014年10月号

『コミックアライブ』2014年10月号の誌内誌(公式ページ)。同誌創刊100号記念ということで『新しい4コマ誌が雑誌の中に誕生♥』した新企画。それもあってか、「創刊号」に当たる今月はpp.657-756でちょうど100ページのボリュームになっている。連載陣は、おしおしお三月たらばがにemilyカワハラ恋TOもえミヤコヒトむく甘党。また、今号は新人賞枠(MFコミック大賞)で ぐる が読み切り掲載されている。

掲載陣の面々を見ると、アライブ本誌やメディアファクトリーに縁のある作家を集めたのではなく(せいぜい むく と甘党くらい)、全くの新人であったり、他の4コマ誌で掲載され始めた中心に集めた感じか。内容をざっと見て特筆すべきは、いずれの作品も描線が端正で目を引く、という点だろう。最近のスラングを使って言い表わすならば「こころぴょんぴょん度が高い」的な。「かわいい」4コマというのはもはや使い古されている感のあるフレーズだが、編集部としてコンセプトはちゃんと定めている印象を受ける。

個々の作品の感想は他のブログなどに譲るとして、雑誌総体としてのキューンの感想をつらつらと。前述の通り、描線が端正であるがゆえに眺める快楽度が高く、率直に好印象を持った。この点は雑誌として軌道に乗るまでブレさせないでほしい。アライブ本誌側には今号の雰囲気に近しい作家はほとんどいない(いても中山幸くらい)ので、もう本誌側はガン無視でその手の界隈から作家を集めて突っ走ってくれていい。何なら過去や現在の4コマ誌や4コマメディアから新人、準新人、あるいは惜しくも消えてしまった方々を持ってきてくれてもいいよ!ざっと思いつくところでは、和錆、しめ子、むらさき*、310、菊池弥あたり? 逆に、一番やって欲しくないことは原作付きのコミカライズかな。今の方針を崩してでもやるなら、KADOKAWA総体としてコミカライズ4コマの方針を整理してからにしてほしい。末期の『4コマなのエース』と現在の『電撃だいおうじ』を見ていると本当にそう思う。読者が思い入れることができる生え抜きのオリジナル作品を主軸にしていくように作品と作家を育てないと雑誌として強くなれませんよ、と。

自分は初期の なのエースとだいおうじに対して若干過剰に期待していた節があるので、今回のキューンに対してはしばらく様子を見ていきたい。次号は9月27日に発売。はなこ が新登場とのこと。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1560-4c6aea8b

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。