スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はりかも『夜森の国のソラニ』が切り拓いた4コマ表現の極みを見よ - 芳文社『まんがタイムきららミラク』2013年12月号

はりかも『夜森の国のソラニ』

昼森を助けに、夜森とソラニは「扉」の向こうへと進む。暗い闇に包まれた世界に、昼森の目覚めによって夜明けが訪れ、世界を光が照らす。その表現がただただ見事(画像)。見開きで、中央の4コマ2本が取り払われて解放的に描かれる、朝日が昇る世界がダイナミックに美しい。そしてこの朝日というオブジェクトに対して、両脇の各4コマにおけるソラニや屑持、またその他のキャラたちの視線が向いていることは注目すべき点である。まさに彼/女らはこの朝日を「見て」いるのだ! 加えて、ソラニについては「……わ」「きれい……!」というフキダシが読者の視線を誘導している点も特筆しておきたい。かような技法で、作者は4コマとイラストを接続し、また読者を作品世界に没入させているのである。この2ページには作者が本作で切り拓いた4コマ表現が凝縮されていよう。(さらに言えば、この前後のページでコマ枠外の色が黒から白に変わっている点も、世界が光に満ちたことを表現していると言えよう。)

次号の最終回を前に、『ソラニ』が切り拓いた4コマ表現はついに極まった。4コマ表現の今を追う者は『ソラニ』を見よ!

かるは『ひみつのふたりぐらし』

二回連続ゲストの二回目。今回もスキンシップ。頭をなでたり、手をこちょこちょしたり、腕をもみもみしたり。うーん、イイ……。ひなたをうざがりながらもほぐされていく雪がイイ……。体もそうなんだけど心も少しずつひなたに開かれていく様がイイ……。これは連載で読みたい。連載化されたらひなたの弟くんも登場してほしい。

清瀬赤目『アンネッタの散歩道』

三回連続ゲストの三回目。お料理御一行。料理がおいしそうな漫画は良い漫画である(確信)。食材、食器、湯気など料理の細かい描写に現前感があって、食べたくなるという気持ちを起こさせてくれる。149ページ左1コマ目、葉っぱの上に乗ったキノコのスライスひとつひとつの形が微妙に違うところとか凝ってるなって思う。次号から新連載ヤッター!

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1554-c61f732d

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。