スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

板倉梓『野村24時』のアットホームさに作者のプロ意識を見る - 竹書房『まんがライフオリジナル』2013年9月号

板倉梓『野村24時』

家庭教師&ビジネスマンな野村。普段とは違うキリっとした姿を見せる野村と、彼を茶化しつつもねぎらいと感謝の言葉を向ける三姉妹の姿が、可笑しくも心温まる。ホント、この作品は作者特有の毒というか、生や性や肉体や激情といった人間の生々しさが抑えられていて、アットホームなものになっているよなあ。ファミリー誌、それも最も保守的なもののひとつであるライオリに自身の作品を適応させる、作者のプロ意識が見えるようだ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1531-b9465025

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。