スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『てんしんらん漫!』は原作者自身のためにも今すぐ連載終了するべきである - 双葉社『まんがタウン』2013年9月号

そろそろ声を上げるべきだと感じたので。

向・柚原ペアの『てんしんらん漫!』、連載開始から半年が経つにも関わらず一向に面白くなる気配がなく、作り手側の能力を疑わざるを得ない状況になってきた。十人並みの女の子学園モノで他の作品との差異(=価値!)が見えない。仮に他の作品との差異が漫才という題材にあると言うのなら、今月号95ページ左の一本は明らかに悪手だ。この言葉はキャラの行動でもって読者の心に想起させるべきものであり、キャラの言葉として言わせた瞬間に陳腐な「いい話」に堕ちる。それくらい、芸能を生業とする原作者であれば肌感覚で当然知っているものだと期待していたのだが、どうやらそうではないらしい(あるいは漫画という表現手法ではそれが発揮できないのかもしれない)。この作品の良かった探しをするならば、喜怒哀楽豊かなキャラとその可愛らしい絵柄くらいだろうか。

はっきり言おう。『てんしんらん漫!』は原作者・天津向自身のためにも今すぐ連載終了するべきである。本作はこの雑誌の紙面を6~8ページ、今月号に至っては番外編を含めて12ページを割いている。本作が終了すれば、そのページを可能性のある新人1~2名のために割くことができ、中長期的に見た雑誌の進歩と発展、ひいては4コマ界全体の価値向上につながろう。それは、読み手としても活動する原作者も、また生え抜きの新人に乏しいこの雑誌の編集者も、強く望むところではなかろうか。両者の勇気ある決断を願ってやまない。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1527-88594386

コメント

#681: Re:『てんしんらん漫!』は原作者自身のためにも今すぐ連載終了するべきである - 双葉社『まんがタウン』2013年9月号

  • cowone
  • (URL)
  • 2013年08月17日
  • 23時24分
  • 編集
同感ですね。目が滑る作品です。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。