スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野々原ちき『ぼくとことりちゃん』の陽菜ちゃんはアホの子かわいい ― 竹書房『まんがくらぶオリジナル』2013年9月号

野々原ちき『ぼくとことりちゃん』

新連載。作者が4コマ誌に登場するの久しぶりな気がする。背が小さくて真面目な博巳くんと発育は良いけどアホの子な陽菜ちゃんの日常。陽菜ちゃんの名字が「小鳥遊」なのでこのタイトルか。陽菜ちゃんを独り占めしたいオーラだだ漏れの博巳くんと、そんな気持ちを知ってか知らずか無邪気に博巳くんラブな陽菜ちゃん、という関係性にほっこり安心する。ボケ倒しの陽菜ちゃん、ツッコミ役の博巳くん、そして彼の友人でちょっかい出しの山吹くんの三者で回るコメディも可笑しい。特に博巳くんの青筋立った物言いの強いツッコミがこの作者らしい。一方、陽菜のようなアホの子キャラはこの作者としては新しい印象を受ける。ラス前4コマ目の笑顔で「結婚するの」は胸キュン感すごい。キャラ・関係性ともども楽しみ。

勇人『うしろのご先祖さま』

お隣りのお姉さん・音成さん襲来。霊観があって姉御肌なキャラ。休みはラフで仕事はキリッ、仕事人間だが根は純情。自身の中で二面性を持ちつつ菜々緒さんと対照的なキャラ立ちが印象強く、姉御的な面で菜々緒さんとご先祖様たちをかき乱す姿が可笑しい。作者のコメディ作品におけるキャラ配置の妙が如実にあらわれている様にさすがと言わざるをえない。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1519-e16f1009

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。