『まんがタイムスペシャル』2006年3月号

そういえばこの雑誌も『まんがタイムきらら編集部』編らしい。この前「まんがタイムきらら」編集部の先輩後輩が語るマンガ編集最前線を読み返してやっと気づいた。確かにそれっぽいような、でもやっぱり違うような…。

渡辺純子「5-A」
小五にして玉の腰を狙う女子たち…。そして二ノ宮くんが切ない。
師走冬子「いつも心に太陽新聞!」
新聞のいいところ…、紙鉄砲が作れるところ? 師走氏のブログ(1月22日)によると、来月号で最終回とのこと。
オザキミカ「だてまき。」
バレンタインチョコも全て自分のまきちゃん。ハラペコキャラ全開でいいなあ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/148-c4bc2884

コメント

#48: 冷やかしじゃなく。

管理人さんは出版社への就職とか考えていないんですか?
これほど4コマについて知識と愛着持っている人はそうはいませんよ。

#49:

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2006年01月28日
  • 17時30分
  • 編集
むう、何とも魅力的な選択肢ですね。しかし今のところは大学の専門を生かした職に就きたいと思ってるので、出版社へ就職するつもりは無いです。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム