スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがライフ』2011年9月号

おーはしるい「わく♥わくワーキング」
みおの休日出勤。中野が熱さで倒れたみおを介抱するシチュが萌えすぎて禿げた。最後の一本なんて口移しってことじゃないですか!やったー!←
重野なおき「Good Morning ティーチャー」
浪人が決まったゆいゆい。「やりたい事」に向けてブレない姿と周囲の教師・生徒たちの彼を信じ励ます言葉が熱い。「うちの大家族」といい今作といい、どうも私は「それぞれに目標を持った異質な者たちが集う共同体における個々人の人生の主張」を描く作品に弱いらしい。次回はウッチー主役回か。
【ゲスト】町田すみ「腐女子彷徨」
第4回Y-1グランプリ佳作受賞作。クールビューティーな唐沢さんに憧れるさゆりさん。しかし唐沢さんは腐女子で。男性を腐った目線で見る唐沢さんを、そうとは知らないピュアな目線で見るさゆり、あるいは理解不能な目線で見る男性。この目線のギャップが面白い。三コマ目で唐沢さんをキャラ見せし、四コマ目で彼女以外の目線から彼女の言動の解釈を見せるというスタイルが全ての4コマで貫かれていることにより、この面白さが生まれていると言っていいだろう。また読みたい。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1479-c0e87b1a

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。