スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがくらぶ』2011年7月号・8月号

山野りんりん「お風呂のアレ」
水面上に見えるゆーこさんの上乳が大変セクシーだと思います。7月号は弟・ブルーと自称・美人漫画化のユカさん。ズボラで大雑把で豪快なお風呂スタイル。ブルーがアヒルたんとは逆のベクトルで苦労人(?)してて可笑しい。8月号は多分妹・ドットと体は男・心は女の由起たん。まさか作者作品でこの手のキャラを見ることになろうとは……!! コテコテのブリっ子で、一人称もしっかり自分の名前。彼女(?)を擁護するドットたんがまた別のベクトルで苦労人。変人×常識アヒルという関係性で攻めてきますなあ。これでアヒル4兄弟は出揃ったはず……だよね?
佐野妙「森田さんは無口」
7月号は牧先生の女子高生ズ観察。彼女たちを観測する先生の目から先生の心の中=観測結果に対する解釈=観察への誘導が見事。そしてオヤジギャグwww 観察者がいちいちどこか性的というかフェチ的で困る。
【ゲスト(7月号)】火ノ鹿たもん「機械仕掛けのアリス」
あ、何か分かった気がする。この作品は子供たるアリスの子供らしさを読む作品だと。「どちらも同じ布」に見える、固定観念にとらわれない発想。ご飯山盛りに見える、自分なりの思考と行動で他社を励まそうとする姿。いずれも実に子供らしい。こう言語化すると、前作の「はなまる姉弟」と色々つながるところがあるなあ。また読んでみたい。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1478-51bb9772

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。