スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがライフMOMO』2011年7月号・8月号

【ゲスト(7月号)】内村かなめ「お兄ちゃんの妹」
互いに素直じゃない兄と妹の日常。家ではぐうたら、学校ではしっかりな妹のキャラが生々しいというか、現実味があるというか。そして最後の一本に兄妹の今の関係性の惰性感が見え隠れしてて、退廃的に日常的。鬱々しい方の作者作品という印象。続くなら、この関係性に至った背景とかも見てみたい。
【ゲスト(8月号)】来瀬ナオ「はるかぜ日和」
WIN作品が単行本2巻発売記念ゲスト。太郎と手をつなぎたい吏南。吏南の葛藤を軽々と越える太郎の能天気さ、そして「せめて」と感謝の言葉を穏やかに伝える吏南が、この凸凹カップルらしくて微笑ましい。そして、最後の一本で「俺たちの戦いはこれからだ!!」と、誰のものだか曖昧な声が唐突に登場する様に、かしましき女子の独り言を見出してしまって、やっぱり好きだなあと思うのだった。今話は単行本2巻にも収録。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1476-46c46557

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。