スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららキャラット』2011年7月号・8月号

7月号にはAチャンネル着せ替えクリアファイルが、8月号にはAチャンネルメガネふきが付録。

蒼樹うめ「ひだまりスケッチ」
7月号は料理が苦手ななずなが両親のために唐揚げを。家庭的なヒロさんが可愛すぎて俺が死ぬしエプロン姿ななずなが俺にさらに追い討ちをかける。何という女子女子しさ。なずなの両親がなずなを見守る様が優しくて安心する。これはゆのとその両親にも言えることで、あまり目立たないのだけど、この作品の親子関係は実に良心的だと思うの。もっとファミリー的な作者作品も読んでみたくなる。
高遠のね「九十九神いりませんか?」
絵が死ぬほど好みなのにキャラの性格とそれによる作劇がちょっと受け付けなくて、距離をつかみきれないでいる作品。7月号93ページ左→右のたからの態度の変わり様はちょっと唐突過ぎね? とか、8月号155ページ左の和紗はカルシウム足りなさ過ぎじゃね? とか。で、それゆえに、キャラ間の関係性までぎこちなくて、ほんわか絵なのに話にあまりほんわかできない。もっと仲良しな和紗・キョウや和紗・たからが見てみたいのだけども。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1475-9fe5dbe4

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。