スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムオリジナル』2011年7月号・8月号

みなづき忍「先生のたまご」
たまこ先生とよだかくんは黄金コンビであることよ。7月号のパン対立が特に好き。たまこ先生の偉そうな煽り言葉が、先生なのにお子様レベルで、その天真爛漫キャラと相まって実に可笑しい。パンの安直なネーミングも子供っぽさを演出してるなあ。
安堂友子「ぎんぶら ~銀河ぶらりと調査隊~」
権田原さんのお尻の穴が心配な今日この頃です。さて、8月号は着ぐるみ星のブサメン(地球的価値観ではイケメン)。3本目で何となく展開は読めたのだけど、恥ずかしげもなくいい話に持っていかれて何も言えねえ。それでも、いい話の強度が控えめに笑いの光景として成立しているのは、ひとえに記者会見を4コマ目を絡めず1・2コマ目に持ってきている点にあるよなあ。この辺の話題に「4コマ目のドヤ顔性補強」という名前をつけてみる。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1474-a3e74c95

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。