スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがライフ』2011年7月号・8月号

【ゲスト(7月号)】おーすず葵「ちきんはぁと!」
新人4コマバトルから。幼なじみの男の子は頼りになるけど怖がり君。血に怯え、虫に怯え、雷に怯え。それでも幼なじみ同士で信じ合っている姿が好き。こんな幼なじみが欲しくなる系4コマ。また読んでみたい。
【ゲスト(8月号)】大川マキナ「保健室のユリカさん」
作者の久々の4コマ誌登場バンザイ!! 保健委員のユリカさんは頭が良くて優しいけれど恥ずかしがりや。そんな性格ゆえに友達がいなかったけど、今日ついに友達ができました、的な一話。一人相撲系のユリカさんと、そのお友達でメルヘン系の双葉さんという、作者お得意のキャラが両方とも楽しめる作品だと思った。続くなら、この関係性のまま、二人のキャラをもっと見せて欲しいなあと。
山東ユカ「スパロウズホテル」
8月号はカラーページにして海水浴でありすなわちサービス回。佐藤さんのおっぱいに尽きる回ってことでもういいよね。そりゃこんな単行本2巻特装版だって出るよね!
池尻エリクソン「田中さんちの白米ちゃん」
8月号は流しそうめん。ラスト4本が神がかってる。「流浪の」「予定が流れて」「流れる季節」「涙は流さないで」「流しのそうめん」「流し目」に始まり、そうめんくんが「水とそうめんは流れていないと腐ってしまう」とキザなセリフでキメたかと思ったら、積極的なそうめんさんに流されて、最後は「アツアツ」のにゅうめんに。濃密な言葉遊びに脳汁出まくり。俺はこの作品が好きすぎる。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1468-7268db53

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。