スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイム』2011年5月号・6月号

6月号は創刊30周年記念特別号。記念企画として「創刊30周年記念ワッハハプレゼント」「おとぼけ課長 特別編」「おとぼけ課長トリビュート」「植田まさし先生に直撃!30の質問」「おとぼけ課長&まんがタイム検定」「おとぼけ課長アドリブ大賞」あり。トリビュート企画では安堂友子が植田テイスト出しまくりな4コマを描いてて笑った。

6月号はまた、第5回まんがタイム新人4コマ大賞の結果発表あり。植田まさし賞に雅文希「ハードボイルドになりきれない」、まんがタイム賞に金山ぶぅ「もいんの高校野球日誌」、奨励賞にこがねまる「ちくちく!」、のりりんご「木久留美女子高」、松永みやこ「深読みコミュ」、最終選考に17作品。この中では野球部マネージャー4コマの金山ぶぅ「もいんの高校野球日誌」がもっと読んでみたい。控えめな態度に見えて監督や部員に野球論をビシビシ突きつけるマネージャーが面白い。どこかでゲスト掲載されないかなあ。「もしドラ」が流行っているうちに掲載するのが読者にも受け入れられやすくていいと思うのだけど。

安堂友子「天子様が来る!」
5月号の一本目に尽きる。いわゆる「アイドルはトイレに行かない」幻想を作者的屁理屈によって解体する一本。「偶像」としての魅力が人間性の喪失によって損なわれることを露わにしている。現実世界の事象と作者の感性が見事にマッチした、神回ならぬ神の一本。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1457-ba9651da

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。