スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムジャンボ』2011年5月号・6月号

【新連載(5月号)】来瀬ナオ「半透明勤務 薄井さん」
連載化ちょお待ってました!!!! 5月号はセンターカラーで会社で花見。パステルカラーと半透明な薄井さんの親和性やばい。薄井さんと麻生さんのテンションの高さがコミカルで楽しい。6月号は社内でスイーツ作り。こちらは薄井さんの笑顔に救いを感じる回。キャラ的には悲しさを負っていて、事実その様もしんみりと描かれているのだけど、彼女自身からはその悲しさを感じさせない笑顔にグッと来る。P.60左3コマ目とかまぶしすぎじゃないですか。今後も楽しみ。
重野なおき「じょしもん」
5月号では二年生の武田くらりが登場。登場場面の色気の無さよ。ミステリアス系(?)の美人なのに動物アレルギーで美人が台無しになっちゃう辺りに作者らしさを感じた。6月号は生物部の歴史。OB・OGたちのおバカさとともに語られる謎生物たちの歴史が可笑しい。「生物部関ヶ原の戦い」って何ぞw 単行本1巻が7月7日に発売。
黒八「アニモー」
5月号はお化け屋敷イン動物園。とにもかくにも兎耳山さん。園長と鼠田さんの発想と言動に全くついていけない兎耳山さんのツッコミがテンポよくコミカルで、そんな常識人の立場にいながら自らも失態をさらす兎耳山さんが可笑しい。ラスト一本の4コマ目の叫びは、まさに後がないが故に悲痛で味がある。作品全体からエネルギーというか勢いが感じられて良い。
【ゲスト(6月号)】師走冬子「うち楽 ―天野さんちの4姉妹―」
作者完全新作。上から純に多恋、ニート、健気(主人公?)、ジト目の4姉妹の日常。この作品だけ読むと「作者らしい」という感想しか出てこないけど、これまで恋愛やガールズトークを第一義で描いてきた作者が、この作品では姉妹(あるいは家族?)を第一義に描いているという点では興味深い。そのうち連載になるでしょう。
【ゲスト(6月号)】火ノ鹿たもん「花の任侠物語」
芳文社では「こむぎみっくす」以来の新作か。極道の組長の一人娘・静花は平凡な生活に憧れる女の子。極道の娘らしい凛々しさと普通の女の子っぽさが同居する可愛らしいキャラの静花。組員の手指でネイルアートの練習なんぞしちゃう辺り「実は本当に普通の女の子なのかなー」と思ったら、憧れの女子トークの内容が組間抗争とか刀とかwww なかなか食えないキャラだぜ……!! 黒髪ロングのお姿も麗しゅうございます。着物にも制服にも似合うねえ。期待。7月号と8月号もゲスト。
みなづき忍「太陽くんの受難」
6月号は父母の襲来。飄々として穏やかな父とおばさん的エネルギーにあふれた母。この父母にしてこの兄妹ありという感じの父母で、母・娘と父・息子で言動がシンクロする様が可笑しい。「花よりお酒」と分かっているまひると分かられている母とかもうね。
あおなまさお「はなな大増刷!」
6月号は郁子と藤堂先生の再会。先輩・後輩関係を懐かしむ姿に、これまでコソコソ感があった藤堂先生がイキイキし出す予感がしていいねえ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1453-6dd970f6

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。