スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきらら』2011年3月号・4月号

4月号誌内にかきふらい「けいおん!」連載再開告知あり。4月9日発売のきらら本誌5月号から大学生編が、また、4月28日発売のキャラット6月号から在校生編が開始。メインキャラの卒業後も舞台を二分化して連載を継続するのは「らき☆すた」に通じるものがある。

三上小又「ゆゆ式」
3月号のツボは「間接照明」と「国務長官」、4月号のツボは「ママから!」。これ自体は論理飛躍的な言葉遊びってところで説明がつくと思っているのだけど、その飛躍のスタイルの解析は容易ではなさそうだし、その辺ゆゆ式学会の皆様には勝手に期待しております。
湖西晶「かみさまのいうとおり!」
3月号は雪かき。扉で「主のぬくもり」に「身を委ねて」お布団に包まれるまりあは大変性的だと思いませんか。瞳がエロティックだと思いませんか。
【新連載(3月号)】リサリサ「だいすき♥」
高校生兄妹の太一と千夜(ブラコン)の日常。千夜は太一にベッタリで太一も千夜想いという関係性。そしてブラコンゆえにいろいろやらかす千夜。こんな二人をさっそく登場した幼なじみの志津さんが冷ややかに見つめていて、そのおバカさを安定して見せてくれる印象。休み時間のベタベタやお弁当など現段階でも千夜は十分にブラコンだが、ぶっちゃけもっとブラコンしてよいよいよい。休日編が見たいですね。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1431-de8fd305

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。