スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがくらぶ』2011年3月号・4月号

池尻エリクソン「田中さんちの白米ちゃん」
3月号はコンビニ内の食べ物バトル。「お前は…肉マン!!」(肉まんに対して)と「クッ…すじ者か…」(牛スジに対して)で全部持っていかれた。いちいちセリフがニクくて笑う。
【ゲスト(3月号・4月号)】火ノ鹿たもん「はなまる姉弟」
またまたゲスト掲載。この作品がいわゆる育児ものとちょっと違うのは、親の視線が外部ではなく内部にある点。子供の言動を観察し、描写によりその可笑しみを引き出すのではなく、観察結果に親が積極的に介入しようとしている、とでも言うべきか。もっと簡単に言えば「子のリアリティ」と「親のリアリティ」の違い。その意味で姉弟の母には注目すべきで、3月号のホットケーキのエピソードには「お母さん」の存在感があってとても安心する。こういう文脈からも注目していきたいし早く連載化されて欲しい。あと「こむぎみっくす」にはニヤリとした。
【ゲスト(3月号・4月号)】サンゴ「OLのオシゴト」
OLと書いてオタクレディと読むうさぎさんのオフィスライフ。周囲の言葉を聞く耳持たず、過剰気味にオタクさを発揮するうさぎさんが、痛快というか何というか。課長の〈常識〉と、会社には迷惑をかけない程度のうさぎさんの〈非常識〉もバランスがとれてて良い。また読んでみたい。
【ゲスト(3月号・4月号)】やそはち「女教師サエコ」
「再登場」と書いてあるんだけど前回掲載分を読み逃してる。小学校のサエコ先生は適齢期。小学生男子の言葉にも本気で迷ったり、子供に気遣われてしまうサエコ先生の可笑しさよ。そして眼鏡で黒髪でちょっと大人な雰囲気のサエコ先生は実にチャーミングである。また読んでみたい。
【ゲスト(4月号)】パトリシアーナ菊池「吉田さんと。」
コミックPASH!』執筆陣のファミリー誌登場ってこの作者が初? お隣に引っ越してきた木内さんの飼い猫は「吉田」という名前で二足歩行で。タダの猫なのかどうか分からない吉田のミステリアスさと、それを疑問にも思わず彼(?)に愛を向ける飼い主のふなみちゃんが可笑しい。そして至って普通にファミリー誌に適応していることに驚く。5月号、6月号もゲスト。楽しみ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1427-b514693d

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。