スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららキャラット』2011年3月号・4月号

両号、るい・たまちとハトポポコのダブル掲載に「どうしよう……」感。

【新連載(3月号)】高遠のね「九十九神いりませんか?」
新連載ktkr! 骨董屋さんで暮らすことになった手鏡の九十九神・キョウ。神様という存在で、「~じゃ」といかにもな言葉遣いをしているにも関わらず、骨董屋の主人・和紗に頭が上がらない姿が可笑しい。かつてきららにて連載されていた「PONG PONG PONG!」と同じく、こういった神様的なキャラは好き。キョウの姿が見えないながらも親キョウな和紗の妹・茜も良心的で、〈日常〉を描くために必要なキャラが揃っている感じ。そして何より絵が大好きなのですよ。期待大。
【ゲスト(3月号・4月号)】るい・たまち「ごきチャ」
作者同人作品でゴキブリ擬人化漫画が4コマで登場。アニメ化も進んでいるらしい。ゴキブリ擬人化的な4コマと言えば『もえよん』に掲載された「ブリブラ☆コックロちゃん」を思い出しますね。さて本作は関東から北海道に移ったゴキブリ娘の暮らし。人間には嫌われ、動物には襲われ、子供には花火のターゲットにされたりと散々な様が、その可愛らしい姿と相まって健気に見える。モチーフがモチーフだけに敬遠されかねない作品だけど、これを受け入れるキャラットはケツの穴が広いのう。
【最終回(4月号)】琴久花央「ひよぴよえにっき。」
4月号は はるの3歳の誕生日会。結婚式だと思い込んでちあきに「あいちてゆーっ!!」と叫びながら抱きつくはるに和む。ホント仲良しだなあこの姉妹(ポワワ 最後はひよこ二匹が表紙の絵日記=タイトルに回帰して終了。一貫して姉妹の日常、そして言葉をうまく操れない者(=はる)とのコミュニケーションを描き続けてきた作品だったなあ。いい作品でした。単行本2巻は3月26日に発売。描き下ろしでは成長したはるの姿を見てみたい。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1426-d89ee965

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。