芳文社『まんがタイム』2011年1月号

安堂友子「天子様が来る!」
しょっぱなから「放電紳士」で全部持っていかれた。アタマオカシイことをクソ真面目に、を地で行く作者だよなあこの人。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1386-38d623c7

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム