スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『まんがタイムきらら』編集部のお仕事

就職情報サイト「毎日就職ナビ」に、『まんがタイムきらら』編集部の方々のお仕事取材やインタビューの記事が掲載されています。編集者の一日の仕事や、編集者として大切な心構え、『きらら』創刊当時の話などなど、非常に面白い内容となっています。

特に興味深いのが、新人作家の発掘方法について。『きらら』系列三誌の編集部のリーダーである小林宏之氏の密着取材記事にはこのように書かれています。

新人作家の発掘法には大きく3つのパターンがある。一つは作家自身が出版社に作品を持ち込んでくるケース、もう一つは個人のホームページなどを閲覧し、発表されている作品を見てスカウトするケース、そして最後はコミックマーケットなどに出品されている同人誌をチェックして有望な新人を見つけるケースである。

(毎日就職ナビ2007 プロの仕事現場 密着取材 - 『まんがタイムきらら』グループ編集部 株式会社芳文社 小林宏之(こばやしひろゆき)さんより)

以前のコミティアでの出張編集部は、ある意味で持ち込みでしょうか。ウェブページの作品のケースは、最近の『きらら』では凪庵氏やぼに~M氏がその一例かもしれません。同人誌の例は数えればキリがないですし。最近では、近々『きらら』系列三誌が合同で新人発掘プロジェクトを立ち上げるという話もあったりで、編集部があらゆる方向から新人を発掘しようとしていることが伺えます。

もうひとつ興味深いのが、新連載作品と編集会議について。

『まんがタイムきらら』グループで新連載についての編集会議が開かれる。メンバーは全部で9名。誰かが新しい作品を持ち込むときは、必ず提案会議が開かれ、メンバーに意見を求める。今回はデビューしたての作家の作品を連載したいとの提案があり、担当者が作品を会議の場に提出した。編集長も出席して、メンバー全員でプロットを検討。作品はややパンチに欠けるが、担当者の、「絶対にウケる自信がある」という言葉を信じて連載を決定する。会議の結果を編集長に報告。了承を得ることができた。

(毎日就職ナビ2007 プロの仕事現場 密着取材 - 『まんがタイムきらら』グループ編集部 株式会社芳文社 小林宏之(こばやしひろゆき)さんより)

こういった編集の内部の仕事は、普段は読者から見えない世界なので、記事を読んでいてとても面白いです。このようにして新連載の作品が決まっていくんだなあと思いました。

編集部の皆さん、今後もいい雑誌を目指して頑張って下さい。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/138-e1fc84a4

#9: 毎日就職ナビ2007

  • 4コマなザレゴト
  • 2006年01月17日
  • 00時59分
新卒向けの就職情報サイトで、芳文社が取材されてますよ。 ■プロの仕事現場 密着取 ... 全文を読む

#37: 今年度も『まんがタイムきらら』編集部の特集が就活サイトに掲載

  • よつぎりポテト
  • 2007年01月02日
  • 18時57分
プロの仕事現場、密着取材 『まんがタイムきらら』グループ編集部 久保田 尋木(くぼた ひろき)さん(株)芳文社 会社概要(株)芳文社 採用データ(株)芳文社 ここに注目去年度に続き,今年度も毎日就職ナビ2008にて芳文 ... 全文を読む

コメント

#42:

  • toutaku
  • (URL)
  • 2006年01月18日
  • 17時13分
  • 編集
貴重な情報ありがとうございます。『毎日就職ナビ』の編集者さん達も粋な企画立てましたね。私のような不良壮年にも興味深い企画ですので、卒業を控えている若い4コマファンの方々には一層読み応えあるでしょうね。

#43:

  • オズマ
  • (URL)
  • 2006年01月19日
  • 16時41分
  • 編集
自称○○○を取られたのは個人的にかなりきつい。

#44:

「きらら系」より「同人系」の方が質が高いのが現状ですから、新人発掘には力を入れてほしいですね。
まぁ、私が「質の高い新人」と認めているのは「きゆづきさとこ」のみなんですがね。

#45:

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2006年01月25日
  • 13時47分
  • 編集
みなさん、コメントありがとうございます。返事が遅れ申し訳ないです。
>toutakuさん
粋な企画ですよね。出版系の仕事を目指す人はもとより、そうでない一般のファンにも楽しめる内容だなと思いました。
>オズマさん
もう少し詳しくコメントしていただけるとありがたいのですが…。
>旭霧雪さん
いかにして質が高い新人を発掘するか。これは今後の編集の方々の手腕が問われるところだと思います。力を入れて欲しいですね。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。