スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっと』2011年1月号

【新連載】門井亜矢「ひなたCafeへようこそ」
サプライズ新連載。森の中に店を構え、少女が看板娘をつとめる「ひなたCafe」の日常、でいいのかな。美麗な女子たちはさすが作者と言うべきか。初回は失恋少女と笑顔。癒しの雰囲気が好きだなあ。次回もこの少女で見せてくれるのか、それとも毎回別の少女で見せてくれるのか。ともかく楽しみ。
和錆「アンティック」
男勝りの強さを持つ一方で女性らしくなりたいと願う葵さん。父と母の想いを知り、一家の刀の精霊に諭され、風紀委員というあり方を見つけていく様に良心があってしんみりくるなあ。刀の精霊も、ポニーテールの形が刃だったり、帯の模様が刀の柄だったりと、作者らしい擬人化が随所にあらわれていて好き。
30M先「SUN×GIRL」
黄金伝説回でだいだいあってるよね? うなの無口純粋キャラが丸い瞳と相まって可愛く思えた。もうちょっとでハードル越えられそうな予感。
櫻太助「毛玉日和」
リス子が可愛すぎて生きているのが辛い。お布団の中でもそもそと啓之丞にすり寄るひとコマのリス子が愛おしすぎる。
【ゲスト】ちさこ「ないしょのツインズ」
ある朝突然猫耳が生えちゃった兄妹のお話。順応力高い妹にすんなり読めた。実は猫娘だったお母さん含めて一家のほのぼのぶりが好き。作品の感触としては十野七のそれに近いかも。また読んでみたい。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1375-1bca9fd7

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。