スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがライフ』2011年1月号

あづま笙子「かてきょん」
おバカさを自覚しながらナチュラルにおバカをやらかすらいらさんが可愛いというか何というか。あと自分は天才ショタとおバカお姉ちゃんという関係性が好きなんだなあということが自覚できてきた。
忍田鳩子「キャバはじめました」
クリスマスイブのショーとひとみさん。ひとみちゃんのキャバ嬢らしい姿に涙ぐむお客さんに良心を感じる回。設定からして悲壮感のある作品のはずなのにそれを感じさせないのは、お客さんやお店の人をはじめとした周囲の人々から彼女に向けられる見守りの姿勢なんだろうなあと思った。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1371-d3381014

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。