スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉社『まんがタウン』2010年3月号

故・臼井儀人「クレヨンしんちゃん」が今号掲載の第1126話をもって終了。『Weekly漫画アクション』時代と合わせて20年に渡る連載に幕。アニメや映画は「今後も変わらず放送、公開されていく予定」とのこと。また,漫画の方も,次号には相庭健太氏による映画版コミカライズ「超時空! 嵐を呼ぶオラの花嫁」が掲載予定。

私の興味は,クレしん後にタウンの表紙と巻頭を飾るのはどの作品か,ということに移っている。次号予告を見る限り,巻頭は樹るう「そんな二人のMyホーム」が務めるように見える。表紙も同作品?

【新連載】富永ゆかり「くるりのこと。」
中華料理屋の娘・くるりは元気いっぱいな小学一年生の女の子。自立しなきゃと思いながらも朝にドタバタして集団登校に遅れたり靴下が左右違ったりとまだまだお子様な姿が可愛らしい。しかもそのドタバタには彼女なりの夢見がちな〈理〉があるんだというところを最後の一本で見せてくれるのがまた素晴らしい。第一話にして存分にくるりのキャラを見せてくれた。期待大。
【新連載】柳瀬ルカ「蝶のように花のように!」
タウンで新人が新連載ってすげえ久々じゃなかろうか。一希さんは宝塚の男方よろしく容姿端麗で女性社員にモテモテ。彼女自身も女好きでフェミニストという。自信過剰気味な一希さんの姿が可笑しい作品。同期で常識人の彩香さんもそりゃ苦労するわ。割と開けっ広げに百合チックなところを見ると,タウンも懐が深くなったなあと思う。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1354-c3a2c42e

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。