スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.24

ぱれっと本誌3月号に続き,こちらでも冬コミ一迅社グッズの誌上販売が開始。

古居すぐり「ふたりずむ」
先月号からの連載作品。クラス委員決めで妹・春乃が積極的になっちゃったらと心配する姉・夏流。人見知りなな春乃も可愛らしいけど独占欲バリバリの夏流も可愛いと思った。そういう視点で夏流の「褒められたり…!」「私のため?」という言葉を聞くとまた微笑ましい気持ちになったり。
こもわた遙華「ら~マニア」
パイたん変わるわよ計画→そのままの君でいて展開。とんこつが「ハーレム漫画のなんのとりえもない主人公」何て言わなければ〈楽園の鏡〉を意識せずに済んだのに……。俺はもっとラーメンブロガーとしてカッコいいロッキーが見たいんですよ。先月号の「塩ラーメンの神様」よろしく。単行本1巻が2月22日に発売。単行本発売を記念したサイン会K-BOOKS秋葉原新館メロンブックス名古屋店にて開催。
【新連載】大宮祝詞「倭トトは神様である!」
略して「トトさま」。試験会場前でお守りを売る巫女姿の女の子・トト。彼女は自分のことを神様だと言うが――。ヘッポコ神様のヘッポコぶりを見せてくれる作品? もう少し読んでみないと分からない。ただ,うさんくさいけど確かなプチ御利益があるトトには良心を感じる。
内村かなめ「限定彼女」
広音の秘密がお姉ちゃんにバレちゃったちま。自分だけ除け者だったと気づいて泣きじゃくるお姉ちゃんにグッと来る。作者は要所で感情を揺さぶるシーンをしっかり持ってくるよなあ。「俺とメイドと時々オカン」の最終話で必死になるゴンちゃんとかもすげえ好きだったりする。
【ゲスト】とく村長「ぷのいちっ!」
VOL.21以来の再登場。仲良し姉妹・さくらとせいはに押しかけ忍者・ちはや。さくら→せいは→ちはやで三角関係的に明るくキャッキャウフフしておるのう。キモはせいはのパンツに意気投合する残り二人だと思った。あとはちはやがもう少し忍者らしくしっかりしてれば不快感ゼロで読めると思うのだけれども。次号もゲスト。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1350-b837dfec

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。