スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららキャラット』2010年1月号・2月号・3月号

【新連載(1月号)】門瀬粗「Felice」
喫茶店「フェリーチェ」の息子・大地と常連の凛はなじみの二人。ある日,不良を前にした凛は破天荒な女子高生・灯里に男の子と間違えられる。かくして灯里の手によって半ば無理やり,凛の「女の子」化計画が始まるが――。作者同人活動的に大地と凛が一瞬キョンとハルヒに見えたのは内緒だ。凛と灯里が騒ぐのを大地が苦労してなだめて。そんな三者の掛け合いがテンポよくて楽しい。前作「とらぶるクリック!!」が終わってガックリきてたけどこれなら今作も好きになれそう。楽しみ。
【新連載(2月号)】☆画野朗「もこもこBOX」
10月号11月号のゲスト掲載を経て連載化。猫耳・うさ耳・狐耳な三人の日常。耳と尻尾がもふもふしておる……! いやホント「もふもふ」だけで話の大半を駆動してるよなあ。物語とキャラクターがここまで前に出てこない作品も珍しい。作品の行方が楽しみだ。「新しい子」は犬耳かな?
【ゲスト(3月号)】みっち「お世話します!」
目が覚めた少年の前には白頭巾の幼女。誰だか分からないけれど自分の世話をしてくれるらしいが――。扉絵に惹かれてしっかり読んだけど,これはもったいない……。楽しげな巻き込まれ系ドタバタ劇の予感はするんだけど,こうも一気にキャラと関係性を見せられると話にすんなり入り込めない。具体的には,少年が起きた直後にもう少し二人のやり取りが見たかったし,黒頭巾の子は最後の一本でチラっと登場するだけにして次回につなぐとか。次回登場するならその辺りをもう少しゆっくり読みたい。あるいは別作品を読んでみたい。
琴久花央「ひよぴよえにっき。」
2月号は新年のちあきとはる。友達の前で親バカならぬ姉バカを発揮するちあきが微笑ましい。「見せつけ」てる二人のシーンのちあきの言葉はどう聞いても対恋人用にしか聞こえない。ラブラブでええのう。単行本1巻が3月27日に発売。コミティア男子なら当然買うよな?←
蒼樹うめ「ひだまりスケッチ」
3月号,一番女の子らしくない(失礼)宮ちゃんがガーリーなワンピースだと……! 普段着萌えの俺超歓喜。宮ちゃんに限らず,というかこの作品に限らず,作者作品の洋服は女の子らしさがあって素敵だ。×☆☆☆第1巻のチューリップゆのを見たときにはどこのコンパニオンかと思ったくらいだぜ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1348-3e43568e

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。