スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2010年1月号・2月号・3月号

kodomo兎「ねこにゆーり」
1月号は文化祭の獣耳喫茶(多分そういう設定だったはず)。あちこちでラブがあふれててええのう。脇の二組,両方とも男子が被食側の動物耳なのな! りんちゃんの発言の大人さに「入り込めない二人」の雰囲気が出てていいなあ。
玉岡かがり「ぼくの生徒はヴァンパイア」
ブラムの幼なじみ・クローディアのブラム救出作戦,正確にはブラムと仲良くするカミラがムカつくので二人を引き離そう作戦→3月号末で大分解決。男から見ればハーレムでも女から見れば叶わない恋なのでクローディアのような不遇なキャラは見ていて辛い。彼女は救われて欲しいなあ。
【新連載(2月号)】桜みさき「ここみみなたね」
父を追いかけて家出した母。渡された地図の元に娘・なたねが向かうと,そこには巨大なお屋敷が。でも主人・ここやメイド・みみを始め,お屋敷の人たちは変人ばかりで――。巻き込まれ系ドタバタ物語的な何か。前作と比較して主人公が平凡な分,周囲の人々の変人ぶりが際立ってる。でも楽しいのはなたね。謎のペットや空腹に命の危機が迫る彼女の姿といったら。百面相な表情もいい。作者の作品ってコミカルよね。
【新連載(3月号)】アキ「ふわっちょこ」
1月号でもゲスト掲載されてるんだけど(というかもっと前からちょこちょこ掲載されていた気がしなくもないけど)3月号扉で受けた印象にそれも吹っ飛んだ。このカラー絵の目と顔の肌色塗りには惹かれるわー。本編のキャラ設定はよく分かってないんだけどゆるゆる女子生徒ものか。のんちゃんのお姉ちゃんのほのかなシスコンぶりが微笑ましいのでもっとやればいいと思った。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1345-ae7c61fc

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。