スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムオリジナル』2010年1月号・2月号・3月号

【新連載(3月号)】小坂俊史「球場のシンデレラ」
2月号で「ささきまみれ」が連載終了となった作者だが,早速3月号から新作で新連載。体育大学志望の少女・児玉郁代。合格発表の日に彼女の元に届いたのは大学の合格通知ではなく,なぜか女子プロ野球からのドラフト指名で――。〈常識〉人がアレなことに巻き込まれ系の作品。〈非常識〉を担っているのは監督だけど絶対的ではない。それは彼が何回か垂らしている冷や汗から見てとれる。要するにどのキャラからもダメさが漂ってくる「せんなれ」的作品。今作の方がくらオリの新連載よりもよっぽど「オーソドックス」に思う。
ふじのはるか「ヤング松島喜久治」
経理部長の娘・澄香とお見合いをする喜久治。変わり者の彼女が気になってその後もうっかり彼女と会ってしまう喜久治。かわすかと思いきや絡め取られそうな喜久治にえええええええ! 喜久治が公私の間で揺れる姿を描くところがこの作者らしいというか。今回の彼は「私」として決断を下してくれるに違いないと信じて次回を待つ。あと澄香は逃げても追いかけてきてくれる男性が好みと見た!(勝手な解釈
森ゆきなつ「タマさん」
猫カフェでバイトするふみかと楓。お客様には杏。そしてキャットタワートンネルをくぐって猫になっちゃった楓と杏。楓は異常事態に危機感バリバリなんだけど彼女以外に誰も危機感を持ってないのが可笑しい。「猫磁場」って何ぞwww あと人間に戻った瞬間の杏の上着のシワがとてもエロいと思った。
魔神ぐり子「ひよりすと」
1月号を読んで「姉・ひよりにいかがわしい妄想を膨らませる妹・なつめも大概変人だな」と思ったけど,2月号でそれを上回る変人の母が登場。強権で家族(主に草介)を恐怖に陥れる姿が強烈なキャラ。しかも3月号では草介のクラスメイトが変態言動を見せてくれるし。作者のエンジンがかかってきたな。
みなづき忍「先生のたまご」
1月号は忘年会。実は酒豪なたまこ先生可愛いです。2月号は初詣。コート姿で家から出てくるちんまいたまこ先生可愛いです。3月号はバレンタイン。女子生徒からチョコを貰って目をキラキラさせるたまこ先生可愛いです。つまりはそういうことです。
山口舞子「ふたりぽっぽ」
2月号・3月号ではぽっぽたちの母親が登場。こばとの母・和は大ざっぱ,くるりの母・まるりはほんわか系。母娘で目元が似てるなあ。母娘とも仲良くケンカする様が微笑ましいなあ。作者はMOMOでも「カギっこ」という実にファミリーな4コマをやってくれたけど今度の家族も楽しみだな。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1343-b9691882

コメント

#426: Re: 芳文社『まんがタイムオリジナル』2010年1月号・2月号・3月号

いつも拝見しております。

「まんがタイムオリジナル」3月号の「オリジナル新人ギャグまんが展」掲載作について。
昨年末のM-1グランプリで話題となった笑い飯の漫才ネタ「鳥人」の設定をそのままパクった4コマが採用されたという点についてはいかがなものでしょうか。

作家のモラルもさることながら、編集者がその事実を知らずに掲載したとするならば、それはそれで編集担当者の見聞の狭さを露呈していることとなりより重大な問題だと思います(「ネタ、設定ともにとてもおもしろいですね」という柱コメントから、編集担当が元ネタの漫才を知らなかった可能性が考えられます)。盗作の水際防止や、類似作品の手直しをアドバイスするのも編集者の務めの一つと思いますし、芳文社には過去にも「ハイリスクみらくる」の盗作疑惑の一件がありますから…

こういうときはやはり率直にアンケートに書いて送るのがベターなのでしょうか?

#427: Re: 芳文社『まんがタイムオリジナル』2010年1月号・2月号・3月号

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2010年02月04日
  • 09時22分
  • 編集
いつもありがとうございます。

まず,思ったことや感じたことは自由にアンケートに書けますし書いていいわけなので,「設定をパクってる!」と思われたのであればそう書いていいのではないかと思います。

ただ,私は,今回の件は編集者もむしろ分かって掲載していたのではないかと思っています。芳文社のファミリー誌に掲載される作品って結構テレビの流行に乗ってるところがあるように思います。昨今流行している音楽4コマも,テレビドラマ版「のだめ」が始まった辺りから増え始めています。

#あと,時期が近すぎるので,笑い飯の芸発表時期とこの新人さんの持ち込み時期が実は逆である可能性もないわけではないです。

蛇足で私見ですが,この手の動物人間設定は昔からよくあるものだと思っています。学校ものであれば,犬人間くんがトイレで片足を上げながら小便したり,猫人間さんが教師にマタタビを飲酒と間違われたり,というのは自分でも簡単に思いつくところです。

また,『ハイみら』はネタが酷似してたのが問題だったわけです。今回の作品はキャラ設定こそ似ていれど,ネタまで似ているとは言えません。子供が登場して「おとうちゃーん!」なんてやってるわけじゃないですしね。

#434: Re: 芳文社『まんがタイムオリジナル』2010年1月号・2月号・3月号

  • よしもと新太
  • (URL)
  • 2010年02月16日
  • 00時28分
  • 編集
こんばんは。コミティア91サークル参加のためバタバタしていたこともあり、お返事が遅くなってすみません。確かに編集から発行にかけてのタイムラグが存在するので、冷静に時系列を考えるとどちらとも取れるような状況ですね。その点には、気づきませんでした。

やはり自分以外の方から見た物の見方というのも必要だなと感じました。アンケートについては再考することにしたいと思います。ご意見ありがとうございました。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。