スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.22・VOL.23

VOL.22付録は同号から連載開始のストロマ「フィットネス」のぱれっと本誌掲載分を収録した小冊子。下敷きよりもこういう小冊子の方が付録として嬉しい。

こもわた遙華「ら~マニア」
VOL.22はラーメン通オフ会。普段の引きこもりっぷりからは想像できないリア充さを見せるロッキーに惚れた。「塩ラーメンの神様」なんて滑稽なセリフもラーメンモードの彼が言うと引き締まるなあ。カッコいいじゃないか。単行本1巻が2月22日に発売。
内村かなめ「限定彼女」
退魔師ショーコ襲来。広音を守らんとショーコの言葉攻めをかわし,実力行使にも耐えるちまの強さがいいなあ。VOL.22で広音を元気づけるちまの言葉にもその強さが見え隠れしてるように思う。作者作品にときどき現れる「女性の強さ」にはハッとさせられる。そんなシリアスなシーンがVOL.23のちまの「カイカン」の言葉で一気に崩れるところも可笑しい。
高野うい「あねけん」
VOL.23は同人作家の冬コミ3日間。1日目の早朝待機列で素手を外気に晒してDSをプレイする陸に感服。現実の冬コミ1日目早朝は風が吹いてて妙に寒くてゲームどころじゃなかったなあ……。
【新連載(VOL.23)】古居すぐり「ふたりずむ」
妹ラブな姉・夏流と姉に対して素直になれない妹・春乃,そんな双子姉妹の日常。花の髪飾りをつけている方が夏流よ。VOL.15など掲載の双子姉妹もの「ふたみごろ」と比べると,ハイテンションなにぎやかさは抑え気味に,姉妹の幼い頃の思い出を見せつつ,二人の仲の良さをしっとりと見せている印象。しかし図像的な可愛さとコミカルさは健在。特に夏流が春乃の思い出を振り返る一本がいい。丸目の可愛らしさ,白目のおマヌケさ,線目に潜む謎の自信,無目の奥の戸惑いと,目ごとに異なる楽しさを見せてくれる。好きだなあ。今後も大いに期待。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1330-e0f636de

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。