スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムラブリー』2009年12月号

【新連載】ふじのはるか「僕は泣く。」
たぶん6回くらい?」の短期連載開始。「こわい女子」に目をつけられてはハッキリしない人と思われてフラれてしまう弱気な司くん。彼の理想の彼女は兄・逞の婚約者のようなおっとりとした女性。新しい営業先のお客さんには「おっとり系の美人さん」がいると聞いて喜ぶが――。仕事に対する真摯さを描き続けてきた作者の新作は恋と仕事がテーマ。初回から若干重めのストーリーが大人な感じ。仕事とプライベートをうまく切り分けられていない主人公は作者作品にしては珍しいかも。「おっとり系の美人さん」の正体は兄の元カノ・柊子かな? 待て次号。
【ゲスト】古下えみ「視界良好」
独り上手で若干ヘタレな小松くん。掃除のおばちゃんのメガネを直して「小松株 急上昇」でも成田さんは「メガネへの誠意」と受け取る辺りは流石のメガネ愛。先は長いぜ小松くん。
荻野眞弓「白衣とリボン」
ゆりちゃんドールを作ってしまったモリソバくんの同級生・サンちゃん。「D.T.によるD.T.のための恋人補完計画!」 D.T.言うなwww とりあえずサンちゃんはその技術力でオリエント工業に就職すればいいと思った。
柚月もなか「カフェらった!」
ケータイメアドを交換するらったのおなごたち。成瀬さんとメール交換して浮かれるユーリ(最後にオチあり)と微妙にケータイを使いこなせていない春那っち。実にらしいなあと思った。次号から休載入り。復活を信じて楽しみに待ちます。
【ゲスト】三国桃子「アイムホームあかり」
扉の大家さんが肌色多めで眼福です。さて今回はみんなで銭湯へ。やっぱり肌色多めで眼福です。だが温水さん,アンタはダメだ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1324-ffe45526

コメント

#422: Re: 芳文社『まんがタイムラブリー』2009年12月号

  • よしもと新太
  • (URL)
  • 2009年12月24日
  • 19時43分
  • 編集
>肌色多めで眼福

「ラブリー」も最近は男性読者を意識しているのでしょうかねえ(笑)

 萌え4コマ誌の読者層分布を見ると、たしかに市場は大きいようですから。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。