スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムスペシャル』2009年11月号

荻野眞弓「たまのこしかけ」
SNSで恋愛相談するたまこさん。非肉食系なたまこさんはもとより,たまこさんを押し倒しちゃっても顔色ひとつ変えない十条さんがらしいなあと思った。そして十条さんにドキドキするたまこさんグッドです。
宮原るり「恋愛ラボ」
続・塾。こういう回を読むと,宮原作品は個々のキャラでもキャラ間の関係性でもなく,複数のキャラの関係を読む作品なんだということを否応なく感じさせられる。加えて,このラボ実践編では意思の不疎通も重要な要素だよなあと。
高嶋ひろみ「ポンチョ」
縁日。大人と子供の対比で見せる回。クレカ=「無限大」のおこづかいで大人を見せつける先輩に吹いた。出店にはしゃぐポンちゃんとアキラちゃんは賑やかで楽しいなあ。ところで本編とはあまり関係ないけどななみさんって男らしいバイトばっかりしてる気がする。いつぞやには工事現場のバイトもしてたよね。
【隔月連載】桑原草太「ココロ君色サクラ色」
葉介くん家でおよばれになる小春さん。これまでこの作者は描線が素晴らしい人だなあと思ってたけどカメラワークとセリフの連携も素晴らしいということがやっと分かった。特に最後の「ちょっと将来が見てみたい気もする」という小春の独白は二コマ前の葉介・祖父・妹二人の光景と重なって小春の「将来」への想いが色々と想像されてたまらん。
【ゲスト】テンヤ「ほのか しっかりしなさい!」
三回目。ほのか先生の休日。休日だけど保育士としての姿が垣間見えたり園長先生にドキドキしたり。そういう日常描写だけで十分楽しめるってのはキャラがいいからだよなあ。次回掲載は未定。これで終わるのは惜しい。まだ読み足りない。
【最終回】楯山ヒロコ「ハニーtheバンドガール」
龍樹デビュー打ち上げで植谷さんの告白エンド。バンド青春ものの王道的な展開だなあ。ロックバンドの荒々しいエネルギーにあふれ,描線の鋭さも尖った若者たちをらしく描いていた,いい作品だった。単行本出ないのかなあ……。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1287-9720fb65

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。