スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムジャンボ』2009年10月号

弓長九天「江戸川スイートエージェンシー」
綿100%のパンツ+硫酸・硝酸→危険物。ちょっと発想がぶっとんでるんですけど先生w 色仕掛け的な意味かと思ったら理系的ネタとかw 関係なさそうな二者が屁理屈でつながる面白さだよなあ。
【ゲスト】楠見らんま「みちるダイナマイト!」
裏の顔はロックバンドのセクシーなお姉さま,しかし表の顔はメガネの大学教員,そんなみちるさんの日常。ふたつのギャップが楽しい作品。ひとつはロックモードと先生モード。もうひとつはロックモードの中でもキリリと決まった舞台上の姿と,近視と照れでちょっと間の抜けた舞台裏の姿。カッコよくてどこか可愛い,そんなみちるさんがいいキャラだなあ。次号から連載化。楽しみ。
【ゲスト】みなづき忍「太陽くんの受難」
就職に当たりこの春からひとり暮らしを始める太陽くん。そこに実家から妹がなだれ込んできて。自由奔放で小悪魔系な妹。いいねえ退屈しなさそうだねえ。初回から軽快かつコミカルで楽しい。また読みたい。
【最終回】かたぎりあつこ「ハッピーカムカム」
単行本が出たばかりだと言うのに最終回とか……。家庭的部室の大掃除でキャラ勢ぞろい。振り返れば「女子」が強く出ていた作品だったなあと思う。そんなかしましきエネルギーが楽しい作品でした。単行本2巻はページ数的には足りてるはず。あとは1巻の売れ行き次第か。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1275-75d98582

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。