スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いずみのさんの4コマ記事に対する違和感

ぼくの4コマ記事が掲載されてます。ちょっ怖いですが、すーとぽてとさんのような詳しい人にご意見いただきたいなぁと思いますです http://bit.ly/TwieM

Twitter / Nobuyuki Izumi: ぼくの4コマ記事が掲載されてます。ちょっ怖いですが、 ...

その内容や手法によって実は様々なタイプに分類することができる四コマ漫画。もちろん楽しみ方だって様々です。漫画研究家の泉信行氏が、最近フト感じた疑問、そして疑問を巡る振り返りから導きだした「ストーリー四コマ」の面白さとは……。鋭意の同人誌『漫画をめくる冒険』の著者が皆さんを「四コマ漫画をめくる冒険」にお連れします!!

四コマのコミックス、なぜ一気に読みづらい? 文=泉信行 - WEBスナイパー

名指しされたのでTwitterで反応しました。その補遺として,いずみのさんの記事に対する違和感を書き残します。以下,長いので続きに。なお,以下では,いずみのさんの記事からの引用は【スミ付きカッコ】で示します。

――

違和感があったのは【単行本でも感じる『変化』のカタルシス】の節です。この節だけ「雑誌と単行本というメディアの差異」という観点が抜け落ちているように思います。

具体的な違和感ポイントは三点あります。一点目は節のタイトル【単行本で感じる『変化』のカタルシス】(強調は引用者による)です。この「も」からは,いずみのさんが「雑誌だけではなく単行本でもカタルシスを感じる」という意味を込めたように読めます。しかし【それまでの出来事を全部忘れて】しまっている雑誌読者が,伏線どころか一話前の出来事も忘れてしまっている(あるいは知らない)雑誌読者が,カタルシスを感じるようには到底思えません。たとえ感じたとしても,それは雑誌一回掲載分の強さ程度の小さいものでしょう。これが「単行本だからこそ感じる『変化』のカタルシス」であればまだ納得できるのですが。

二点目は同じ節の後半にある以下の箇所です。

仮にヒロインの森田さんが、その無口さゆえに誤解を「どんどん深めて」いったり、まわりの好感が「どんどん増して」いくような構造で描かれていれば、縦軸のダイナミックさが生まれていたかもしれないけれど。

でもそれは作品の方向性の問題であって、優劣の問題ではないだろう。縦軸のダイナミズムそのものがほしくない、という嗜好だってあるはずだから。

四コマのコミックス、なぜ一気に読みづらい? 文=泉信行 - WEBスナイパー

【縦軸のダイナミズム】というのは,晴れシンで言えば【庶民出であることを隠そうとしているヒロインが、実は誰よりも本物らしいお嬢様であり、周囲の人々もその証人になっていく】という【変化】に相当するのでしょう。しかしそのダイナミズムは,私が上でも述べたように,雑誌ではなく単行本というメディアだからこそ,読者に強く伝わり,ゆえに読者に強く意識されるものです。

引用箇所のひとつめの段落では,そうした【縦軸のダイナミズム】を持つ(といずみのさんがおっしゃっている)晴れシンを基準にして森田さんについて述べています。この段階で,いずみのさんが単行本を基準にして論を進めており,雑誌の存在が見落とされていることが分かります。ふたつめの段落で【嗜好】という言葉を使ってはぐらかしていますが,真に論じられるべきは個々の読者の嗜好ではなく,雑誌と単行本というふたつのメディアの差異でしょう。

三点目は,この節より前と後では雑誌と単行本について触れているのに,この節だけなぜそれが抜け落ちてしまったのか,ということです。特に,私が違和感ポイント二点目で述べているように,なぜ雑誌という観点がごっそりなくなってしまったのでしょうか。他の節では【ぼくはふだん、あまり四コマ漫画を講読しない。四コマ専門誌も読まない。】【単行本だと「読みにくい」形式は、元々の掲載誌では「読みやすい」形式として働いていたはずだ】と留保や考察を入れているのに,なぜこの節には「雑誌と単行本というメディアの差異が作品の読みに与える影響については考察の余地がある」などの留保を入れなかったのでしょうか。いずみのさんは【個人的には『晴れのち』のほうが「当たり」だった】とおっしゃっているので,晴れシンについてポジティブに語りたい気持ちは分からなくはないですが,それは前述したような留保を伴わない限り,森田さんに対してフェアでないと思いました。

――

以下は余談。最近WEBスナイパーが4コマ記事特集を連発しているのが気になりました(いずみのさんの記事もそのひとつですね)。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1269-27927666

コメント

#410: Re: いずみのさんの4コマ記事に対する違和感

私は、【縦軸のダイナミズム】という論点で論じるのに、そもそも『晴れのちシンデレラ』と『森田さんは無口』が比較対照して扱うのにふさわしかったのかなと疑問を持ちました。例えば、『千秋しまってこー!!』などの方がもっと違いがはっきりしたのではないかなと感じます。
また、【縦軸のダイナミズム】という変化のとらえ方は、ある種教養小説的なもの(成長、あるいは成功ストーリー)こそが「変化」であるように固定してしまっているきらいがあります。『僕のかわいい上司さま』や『まつのべ!』のような恋愛絡みのストーリー四コマの名作が、このとらえ方ではすっぽりと抜けてしまう懸念があります。
あと、泉野さんにとっては、例えば『ドラえもん』ってとても読みにくい部類に入りそうですが、そういう理解でよいのかなと。
基本的に四コマ漫画専門誌の性質のとらえ方などはその通りだと思うので、微妙なところで違和感を覚えるのが残念に感じました。

#411: Re: いずみのさんの4コマ記事に対する違和感

 こちらでははじめまして。正面から批判していただけるのはありがたいです。とても勉強になります。

>単行本でも~

 これは自分で読み返しても謎な一文で、感覚的につけた小見出しだったんですが、なぜこの言葉にしたのか良く思い出せなかったりします(元々、あまり思い通りに書けなかった、という感覚なので)。
 後から考えると、たぶん「一般のストーリー漫画の単行本だけではなく、四コマの単行本*でも*感じられる変化」という比較の意識があったはずです。少なくとも、「も」が対象にしているのは「四コマ雑誌」じゃなかったと思います。

 どちらにせよ、その節だけ「雑誌メディア」への言及をしていないのは確かですが、それは直前までに述べていた「雑誌メディアの特徴」に対して、「今度は単行本の話をしよう」という構成で比較している形です。
 そういう意味では、おっしゃる通り「単行本*だからこそ*」あるいは「単行本*で*」というニュアンスで良かったと思います。

(なぜか「も」が加わったのは、「言葉のリズム的に、『で』一文字じゃ居心地が悪いな」くらいのつまらない理由が一番強かった気がします。実際、「も」を付け足すことにほとんど意味が無いですから。)

 うーん文章はぼくの責任ですから仕方ないんですが、こういう記述や例示レベルの拙さでひっかかっている人が多いんでしょうね。
 意図としては、長編型と一話完結型がどう分けて語られているのか、という方面に興味がありました。
 これまた不用意に使うと問題がありそうだったので言及は避けたのですが、「萌え四コマ」を四コマの中でジャンル分けしようという時の(無意識的な)基準にもなってそうだな、とか考えていたので。


>koabeさん

 『ドラえもん』についてですが、ぼくが挙げていた「ワンパターン導入」という条件から外れているので、「読みにくい部類」には当てはまらないと理解していただきたいと思います。

 そういえば、出版社は違いますが『放課後プレイ』のような導入(これもワンパターンといえばワンパターン)との差も考えていて、あちらの導入は「形はワンパターンだが、これから始まるネタが前回とは異なるネタであることを説明している」一本になっているのが、『森田さん』タイプとの違いだな、と。
 『ドラえもん』も、毎回同じネタとパターンを繰り返しているわけではないですし(たとえば、ジャイアンのいじめにやり返したのび太が次の話でまたいじめられて泣きついている、ということがないように単行本は編集されていますし、実はかなり「後ろにいくほどのび太が自立していく」構成を作者側が意識していたりします)。
 余談ですが、ドラえもんのアニメのビデオを(大人が)ぶっ通しで見るのは辛いかもしれませんね。あれこそ一週間置きに観ることを前提にした作品ですし。


追記:「~ように単行本は編集されています」と「後ろにいくほどのび太が自立していく構成」は文章として繋がっていて、「一巻単位で」後ろにいくほど自立していく構成がちゃんとありますよ、という話をしています。もともと今しているのは、単行本一冊を読む場合の話ですから。

#412: 追記

 今、また読み返していて気付きました。「でも」というのは、その前の「■しかし、単行本では」に対応した言葉でした。

「雑誌では読みやすい。『しかし、単行本*では*』読みにくい。しかし、そんな単行本*でも*読みやすく感じる作品もある」

 自分で書いてて文意を忘れるなよと思われるでしょうが、つまり「~でも」という言葉は「でもしかし」という反語的な意味と「~においても同様」とか「~と同じように」という類似を示す言葉にもなります。

 すいーとポテトさんは類似の方で解釈されたということですね(ぼくも、そう指摘されたらそうとしか読めなくなって、文意を再認識するのに時間がかかりました)。

#413: Re: いずみのさんの4コマ記事に対する違和感

まずおわび。いずみのさん、あるいは泉さんとお呼びすべきだったようです。ごめんなさい。

さて、全く理解できません。「ワンパターン導入」が問題なのであれば、晴れのちシンデレラも森田さんは無口も同じように読みにくくなければ話が成り立たないのではないでしょうか。むしろワンパターン導入よりも物語の構造の違い――それをいずみのさんは【縦軸のダイナミズム】とおっしゃっているのではないでしょうか――が二つの作品の読みやすさを分けた点であると読みました。

であるならば、問題は【縦軸のダイナミズム】の有無であり、導入部ののパターン化がそう大きな問題とは思えないのです。

また、ドラえもんが、「『後ろにいくほどのび太が自立していく』構成を作者側が意識していたり」するという指摘は、そうなのか、知らなかったと思いました。しかしそれでも、物語の構造としてそんなに多彩なパターンを出しているのかという疑問があります。

まだ1巻しか出ていない『森田さんは無口』と比較するのであれば、1つの巻の中でのび太が劇的な成長を遂げているような【縦軸のダイナミズム】があるのかどうかという比較もしなければならないでしょう。

そして、いずみのさんが「細かすぎて感動した。」(by 山田真哉氏。足立淳先生の『人間噂八百』の帯から)的な評論を狙っているのなら別ですが、差異を見いだすために過剰に読み取っているのではないか。あるいはむしろ、単に、ゆるやかでもストーリーがあるお話と、1話完結型のお話を比較して、もっともらしい理屈で自分の好みを吐露してしまっただけではないかという、もやもやとした疑問が拭えないのです。

#414: Re: いずみのさんの4コマ記事に対する違和感

  • すいーとポテト
  • (URL)
  • 2009年09月27日
  • 18時20分
  • 編集
koabeさん,いずみのさん,コメントありがとうございます。Twitterでの議論もひと通り拝見しました。koabeさんが納得されたかどうかは分かりませんが,少なくとも私は,コメントでのいずみのさんの補足や最初のTwitter上での議論の結果もあって,いずみのさんの記事の内容と論理は大分納得できたつもりでいます。なので,これ以上言いたいことはあまりありません。

ただ最後に一点だけ。いずみのさんはおそらく Future Work にされていることと思いますが,ふたつの作品が「雑誌で」どう読まれているかについてのより深い考察が見てみたいなと思いました。記事で挙げられれていたように,雑誌読者の中には一話前の内容を忘れている読者はそれなりにいると思います(サンプルは私自身)。それだけでなく,雑誌では現実の季節と掲載作品の季節・イベントの連動が連動しています。また,特にファミリー誌においては,作品の変化は好まれない傾向もあるように感じます(私自身の経験と私が普段読んでいる雑誌感想ブログを思い返す限りでは)。そういった雑誌・単行本というメディアの差による作品の読まれ方の差異を突き詰めていただければ,雑誌読みの私としては嬉しく思います。

#415: Re: いずみのさんの4コマ記事に対する違和感

いずみのさんの論理については納得いっていないということはないですよ。基本的に私の方がめちゃくちゃでしょうから。

ところで、筋違いとは承知しつつ、すいーとポテトさんのお許しをいただければちょっとだけいずみのさんへの連絡。もし差し支えなければ先日メールをお送りしたので、お返事をいただければうれしいなと。ほんとごめんなさい>すいーとポテトさん。

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。