スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースト・プレス『あにスペ』2009年8月号

発売から一か月経ってるよ……。

あにスペは動物系実話誌をほとんど読まない私が購読している唯一の動物系実話誌なんだけど,私は実話系よりも非実話系の作品を主に読んでいる。タイトルで言えば「黒猫の『タンゴ』」「キミと話がしたいのだ。」「お母さんは水の中」「イチゴぶた」。一方の実話系も読んでるっちゃ読んでるのだけど,実話系を《飼われもの系》と《飼い主系》の二つに分けるなら,後者の方が肌に合う。「羽毛100%」や「漫画家と猫がまあまあ仲良く暮らすマンガ」,今号で言えば「でかポメ」も入るか。私自身は動物飼いじゃないので「実話系《飼われもの系》」ってなかなか共感しづらいところがあり,そうでない作品を消費してるって話なんだけど,世にはびこる他の動物系実話誌って「実話系《飼われもの系》」以外の作品をどれだけ取り入れているのかは気になるところではある。

ところで9月発売号には火ノ鹿たもん「にゃいす!」が掲載されるらしく,私の心は躍っております。あにスペの中の人もCOMITIAで作家ハントしてるのね。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1236-63cf9fda

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。