スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムファミリー』2009年9月号

ふじのはるか「はちみつカフェ」
先月号からの連載作品。蜂谷meets蜜。ラス前一本のおと先輩のセリフに作者らしいお仕事ディテールがあるよなあ。蜜の面接時のセリフも蜂谷とおと先輩の恋模様展開をにおわせつつ,でもまずは仕事だよと釘を刺してる。ふじの作品における主人公は仕事が一人前の上で恋なり他事をしてるよね。そして他事にうつつをぬかして仕事が疎かになる主人公は読者の不安を掻き立てるように描かれているよね。と,最近の「ヤング松島喜久治」辺りも読んで思う。そして本論とは関係ない所に話は飛ぶけどくらオリの「オレをもりたてろ」が懐かしいです。
【ゲスト】さと「美大道!」
先月号に続き。秀才肌の吉野さん登場。技術はあるけど想いに欠ける吉野さんと,技術はないけど想いにあふれる彩さんという対比。相補的で悪くないコンビではあると思うのだけど,はてさて。
【ゲスト】水谷フーカ「さくらんぼステップ」
こちらも先月号に続き。遠野ファミリーin海。無駄にガキで日焼けセンターマンな士朗くんが可笑しい。彼は笑われる系のキャラだよなあ。そして以前から感じていた十子さんの幸薄キャラは海産物お持ち帰りや一人砂遊び姿により加速されていくのでした。
ワカマツアツト「ひとみとコットン」
肝試しひとみさん。猫娘姿もラブリーですよね。いやむしろひとみさんだったら何でもラブリーですよね。着ぐるみさんしてやったりの最後の一本は彼が着ぐるみであることを二重に使っておかしみとキャラ見せを両立してる一本だよなあ。面白い。
【ゲスト】七見水晶「ことりコーラス」
ゲスト三回目。オーディションを取るか合唱部を取るか。「スカウトいるかもしれないよ!」のセリフがいいなあ。その図太さがカナらしいなと。あとタイトルの由来がやっと分かりました。なるほど。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1230-6474f551

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。