スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムジャンボ』2009年8月号

【移籍→ラブリー】荻野眞弓「白衣とリボン」
学会モリソバくん。ゴッド准教授の代理を見事に務め上げるモリソバくんのカッコよさもさることながら,その直前のゆりちゃんの「ダーリンは研究のコト誰よりもわかってるんだから」という励ましにグッとくる理系男子は私だけではないはず。「自分は研究のことを事実よく分かっている」という確認をさせてくれて自信を与えてくれるだけではなく,「そんなダーリンのことを私はちゃんと理解しているよ」という想いも伝わってくる。理解者が傍らにいることでこの上なく安心できるというのは理系男子なら分かるよね? ホント,ゆりちゃんは理系男子にとっての女神様やで……! 次回は8月売りのラブリーから連載再開。単行本1巻も8月7日に発売でとても楽しみ。推薦文を書いている准教授の人って実はゴッド准教授のモデルだったりするのかな。事実,作者の旦那さんの指導教官だったみたいだし。
【最終回】矢直ちなみ「乙姫各駅散歩」
海ではぐれた乙姫と江太が地上で再開。「二人は地上でいつまでも幸せに暮らしましたとさ」とナレーションをつけたくなるエンディング。前回=最終回直前に〈いい話〉でクライマックスを演出し,最終回では〈笑いのある日常〉へ舞い戻る。実にキレイに幕を迎えてくれたなあ。キャラの表情に楽しさが詰まったいい作品だった。浦島太郎的な部分は単行本でまとめて読み解いて行きたいところ。単行本2巻は10月7日に発売。
田川ちょこ「ひかるファンファーレ」
海で演奏。最後の一本でひかるが結衣っぽさを見せたところがすごく気になる。先日の「ももかすいっち」といい,こっち側が作者の本分なのかなあ。
かたぎりあつこ「ハッピーカムカム」
みずきの家でお泊り夏休み宿題会。もちろん宿題なんてやるはずもなく。この五人らしい。みずき弟・藍生くんが登場したけど,こういう男子キャラが物語への入口になるんですよ大切なんですよと主張しておく。こちらも単行本1巻が8月7日に発売。楽しみ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1222-40e97214

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。