スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららフォワード』2009年8月号

「S線上のテナ」単行本6巻が7月13日に,ドラマCDが7月24日に発売。一部書店ではフェアも開催。詳細は作者サイトを参照。

「けいおん!」ストーリー版がゲスト掲載され,休刊した『コミックエール!』からも2作品が移籍新連載と,慌ただしい号。ゲストはゲストなのでさて置き,連載陣はかなり充実してきたよなあ。雑誌全体の平均で見たら良い作品が揃ってる感触。あとは飛びぬけてクリティカルヒットする作品がひとつでもあればバッチリなんだけどなあ。とりあえずはじっと9・10月を待とうか。エールの遺伝子もどの程度――個々の作品レベルから「男性向け少女漫画」というコンセプトレベルまで――引き継がれるのかは気になるところではあるけれども,少なくとも,たとえ引き継がれるとしてもすぐに誌面が激変することはありえないよなあ。フォワード作品ってそもそも少年誌に近いし(バトルやらお色気やら),これで安定した現状を崩すってのはそうそうありえないだろうし。グダグダ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1216-6e733f50

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。