スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがくらぶ』2009年7月号

魔神ぐり子「まごころ。」
「ひどい大人ばかりだ」という感想しか浮かんでこないのだけど,それで今作の7割くらいは表せると思った。
小坂俊史「せんせいになれません」
パンデミック,裁判員,ギター。時事ものを雑誌で読む楽しさ。どれも先生たちの器の小ささが可笑しい。
智「猫びより!ヒルネちゃん」
かいと君の素直じゃなさとヒルネちゃんのにぶさが相まって幸せ。いいぞもっとやれ。
saxyun「ゆるめいつ」
一本目の「晴眠雨眠」が真実すぎて参ったのだけど,二本目以降を読んだらそれも軽く吹き飛んだキノコ回。シュールを通り越して薬キマってる感。「リフォーム」の一本とか意味不明すぎて発狂する。
【ゲスト】藤生「ひみつのおねえちゃん」
姉とその4人の子供たちの実録4コマ。シンプルな線は4コマ向きじゃなかろうか。四者四様な子供たちのキャラを分かりやすく見せてて楽しい。おすまし三女いいなあ。次号もゲスト。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1197-bb327e64

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。