スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきららフォワード』2009年7月号

里好「トランジスタティーセット」
ロボット研究部の部長・キリコがすずの勧誘に来たりて。84~86ページが今話の見せ場だと思ってるんだけど,この場面でのすずの表情の変化がもっと見たかったなあ。特にキリコが「将来」や「ボロ」という言葉を発した瞬間のすずの表情。前者は85ページのすずの顔に浮かぶ冷や汗(迷いの表れ?)にもつながってくると思うのだけど。
松本ミトヒ。「メガミのカゴ」
あけみん漫画化,あるいはあけみん観察記。南たち外野が見せる「さすがにそれはねーよw」的なスーパー委員長妄想もさることながら,妄想を三歩くらい先回る明美によってそれらがことごとくぶち壊されていく様が可笑しい。
TOBI「銘高祭!」
銘高祭テーマ決定。最後のひとコマがいいなあ。ところで作品とは全く関係ないけど「橙空間の人」で作者を認識するってどうなの。
【ゲスト】三嶋くるみ「ダンナ様と呼ばれても」
22歳旦那様の奥様は16歳女子高生。奥様が可愛くて可愛くて,可愛いから手が出せない旦那様を,奥様はあの手この手で誘惑するけど。ろり王に引き続き素敵なふんわりチェリーロマンス。僕もこんな奥様に誘惑されたいです>< まだまだフォワードに留まって欲しいなあ。

次号,休刊した『コミックエール!』から松沢まり「さんぶんのいち。」と秋★枝「純真ミラクル100%」が移籍新連載。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1192-71a3193a

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。