スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムきらら』2009年6月号

何だかんだ言っても今のきらら系列三誌の中で一番元気な雑誌だと思う。ゲストが少なめという意味で安定してるし,しばらくは「けいおん!」効果も続くだろうし。

三上小又「ゆゆ式」
ゆずこと縁のしりとり。ひとつのことしかできない子たち。そのくせ会話は飛び飛びな落ち着きのない子たち。これはゆとりと言われてもしょうがない。
野々原ちき「メロ3!」
ポン太くんの誕生日の四姉妹……じゃなくて三人娘。三人娘,特に木ノ子の必死さなどつゆ知らぬポン太くん(彼女の名前も知らない!)のフラグバキバキぶりが可笑しい。単行本1巻が6月27日に発売。作者作品集『nonote』も5月27日に発売。
【最終回】桑原ひひひ「きつねさんに化かされたい!」
駆け足の最終回。振り返ってみれば,どの時期にも強く動いていたキャラがいた作品だったなあ。凪くん浮気疑惑編のあんずが一番のお気に入り。いい作品でした。単行本4巻は7月発売予定。
【ゲスト】夜愁とーや「らぶ、はじめました。」
2月号以来のゲスト? 地味な目隠れっ娘の恋路を応援する恋部(らぶ)の方々。うすた的とまでは言わないけど,それに通じる少年ギャグ漫画的なノリが好き。少女漫画を「理解できない」レンが笑いの原動力だよなあ。また読みたい。
玉岡かがり「ダブルナイト」
稲穂さんとユキちゃんのデート。稲穂さんが照れて切りだせない言動をユキちゃんがナチュラルに繰り出す様が微笑ましい。ラス前の稲穂さんの「にへー」顔うわあああああああ!! 作者はMAX連載作品の単行本『ぼくの生徒はヴァンパイア(2)』が5月27日に発売。
やまぶき綾「Sweet Home」
葉澄への誕生日プレゼントを買う四人。ブロマイドに写る夏的に爽やかな陽向と,悪気皆無の笑顔を見せる陽向と,「にゃんこ」に照れる陽向が可愛くてしょうがない。どれもこれも奈々のおかげだよなあ。伊織くんのハーレムを外野から茶化す彼女のおかげで,伊織くん周辺の三人が生き生きしてくる。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1180-376df2c0

コメント

#386: コミックエール全号情報

  • キリユキ
  • (URL)
  • 2009年05月14日
  • 17時46分
  • 編集
record//manga-AKにてコミックエールの全号情報載せました、ネットの情報を参考にしていますので精度は自信ありませんが。間違いを見つけたらコメントで指摘してくくれたら幸いです。


#387: Re: 芳文社『まんがタイムきらら』2009年6月号

  • me
  • (URL)
  • 2009年05月15日
  • 15時59分
  • 編集
けいおん効果狙って表紙けいおん!が多いですねえ
ここから、4コマ漫画のファンが増えればいいんですが

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。