スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムオリジナル』2009年6月号

【ゲスト】北条晶「夢見る☆こひつじ」
弥生さん,オーディションに合格しアイドルデビューを果たした……かと思いきや,事務所の女社長から命令されたのは男性アイドルのマネージャー? アイドル二人はいいとして,社長の〈理〉が見えなくて悪い人に見えてしまって,素直に楽しめない。とは言っても初登場で何をかいわんやではあるけれども。次号もゲスト。
【ゲスト】森ゆきなつ「タマさん」
頭がお花畑(文字通り)。メルヘンなんて言葉がじわじわと壊されていく恐ろしさのある回だと感じたのは,原因が分からずに終わってしまったからだと思った。
【ゲスト】みなづき忍「先生のたまご」
これで三号連続。化野先生の髪型を茶化す保取先生。脇にたまこ先生がいると保取先生のどんな茶化しも和らいでしまうなあ。というか自分はたまこ先生の心奪われ過ぎだと思った。早く連載にならないものか。
【ゲスト】古下えみ「視界良好」
4月号以来の登場。委員会。「学級・風紀・図書のみ」とメガネっ子アイデンティティを貫かんとする秋奈さんの可笑しさよ(それも残念ながら崩れ去るわけだけど)。この作者の作品はコマ内のにぎやかさも楽しいと思う。ぱっと思いつくところでは田川ちょこ氏にも言えることかな。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1166-287f147b

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。