スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムスペシャル』2009年5月号

キャラットで「まゆかのダーリン!」が復活したんだから,タイスペでも「5-A」を復活させてくれよおおおおおお。

テンヤ「幼稚園ぼうえい組」
ごっこ遊びの微笑ましさだよなあ。大人びたいお年頃な子供を眺める感覚。その〈視点〉としてのほのか先生。
【隔月新連載】桑原草太「ココロ君色サクラ色」
2月号3月号のゲスト掲載を経て連載化。幼なじみ兄弟姉妹の恋模様ストーリー。今回はお花見とゲーム好き姉ちゃんとデレツンな兄貴。「紅心王子」もそうだけど,今作もガチで少女漫画だよなあ。それでも,例えば64ページの下3コマとかの,コミカルさ・清潔感のある透きとおったキャラ絵(と背景)・閉鎖的な関係にガンガン的なものを感じる。そういったhow的なところに惹かれるわけです。長く続いて欲しい作品。
ワカマツアツト「おおつぶこつぶ」
春。キラキラや星や花といった細やかなエフェクトにキャラたちの動きが感じられて楽しい。ところで以前からの疑問なんですが「洋→和」の二コマ目のこつぶの左上にある「白くて太い三本線」の名前って何なんでしょう?
吉田美紀子「えんれんCafe」
花見の場所取り大ちゃん。同僚や上司からの嫌がらせをものともしない大ちゃんに安心する。恭子さんとの愛の揺るがなさともども,良心に満ちた作品だよなあ。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1137-4df3dfa6

コメント

#382: Re: 芳文社『まんがタイムスペシャル』2009年5月号

  • もっとまんがタイムグループとまんがタイムきららグループとの交流を願いつつ
  • (URL)
  • 2009年04月08日
  • 11時06分
  • 編集
ココロ君色サクラ色については、

・奇数月:まんがタイムスペシャル、偶数月:まんがタイムきらら(carat・MAX・フォワードでも可)で「タイム&きららグループ越境2誌同時実質毎月連載」化
・コミックスはKRレーベルで、本編は全ページフルカラーで描き直し、無理ならGA同様雑誌掲載時のカラーページをそのまま掲載
・可能なら、ガンガン本誌との共同企画も(紅心王子&サクラ色コミックス同時期発売キャンペーン 等)

を希望する位気に入っています。(ちなみに小春ちゃんが好きです)

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。