スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがホーム』2009年4月号

宮原るり「恋愛ラボ」
まだまだ続くよ生徒会vs新聞同好会。枠の外からのツッコミに引き込まれるなあ。今回だとサヨが倒れる・エノが四人に怒鳴る・サヨの彼を妄想する三本。ツッコミ主が枠内に存在しないことにより「そのコマの視点=ツッコミ主」が無意識のうちに感じ取られて,同一化によって物語に否応なく引き込まれる,とでも言うべきか。
ほへと丸「ヨメけん」
先生のヨメ力が上がらない→ヨメけん解散の危機? 動かしてくるなあ。この作者の作品の〈日常〉に変化が訪れると,とても落ち着かなくなるのは私だけでしょうか。
ふかさくえみ「ちまさんちの小箱」
女の子パーティー,の思い出。何という黒歴史……。雪宮くんの不憫キャラが一層加速していく。
夢枕人しょー「ふぁみにゅ?」
すみれさんの観劇。お父さん子でお父さんにうっとりなすみれさんが素敵すぎる。彼女が「お父さん」役なものだからまた。
【ゲスト】吉中幸栄「生徒会アラモード」
小さい・元気・生徒に人気,そんな女生徒会長と生徒会メンバーの日常。「緊急連絡」の一コマ目を見て「悪くない」と思った。人気とはいえ作品的に会長のキャラは強くない? 再登場するなら,生徒会メンバー,特に副会長との絡みをもっと読んでみたい。
【ゲスト】古下えみ「トリもち」
先々月号先月号に続き。佐倉さんとエサの買い出し。耕平くんの気持ちに全く気づく様子のない佐倉さんが,この安心して読める片想いラブコメの源だと思う。最後の二本は,鳥「が」取り持つ恋模様が強くあらわれてて,いいなあ。
橘紫夕「となりのなにげさん」
先輩たちの卒業式。笑いのある〈非日常〉。〈いい話〉である最後の一本以外でも,笑いの中にどこかさみしさがある回。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1120-c30c833d

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。