スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『まんがタイムきららMAX』2006年2月号

「楽しさ☆TENKOMORI!!」、もう『MAX』は煽りのローマ字抜きには始まらない。というかこのローマ字が心地良くて…。

【ゲスト】八雲剣豪「世界遺産たん」
ナスカの地上絵や富士山などの世界遺産あるいはその候補を擬人化した4コマ。富士山がなぜ世界遺産に登録されないか、その理由を思い出してやっと最初の三本の意味が分かった。それぞれの世界遺産の特徴が出てて面白いなあ。国を擬人化した「アフガニスたん」なんて4コマがあったけど、こういうのもありかも。次号もゲスト掲載。個人的にはやっぱり日本の世界遺産が登場して欲しいなあ。最近のものだと熊野とか知床とか。
大和狸「オオカミの手かします!」
高いクオリティを維持してる作品、だと思う。ハチが生き生きしてて面白いなあ。
神武ひろよし「ベリースイート」
徹と小梅が良い感じに? 神武氏の12月14日の日記によると、来月号で最終回の模様。読みやすくて好きな作品だっただけに残念。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/110-f78ba0dd

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。