スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがタイムファミリー』2009年2月号

【ゲスト】水谷ゆたか「ひなたフェードイン!」
Gファンの「うたた日和」の長き休載を経て商業誌に返り咲き。結婚式場のスポットライト係のバイトをすることになったひなたさん。細い線で儚げに描かれるキャラ絵,ちょいネガなキャラ,淡々とした四コマ目がこの方らしい。太・ポジ・コミカルな作品が多いファミリーだとそれが際立って見える。でもひなたさんに嫌らしさはない,というかむしろ良い。彼女の心のフキダシを追いかけていると,応援したくなる感が湧いてくる。次号もゲスト。
【ゲスト】水谷フーカ「さくらんぼステップ」
これで三号連続。回を重ねる毎に,十子さんの地に足がついてないキャラが加速する。友達のちえちゃんとのシンクロな絡みもいいなあ。そんな二人に振り回される士朗くんの苦労人ぶりよ。
【最終回】逸架ぱずる「がんばろ・まい!」
麻衣さんの企画が通って感激,のうちに終了。連載を通じて,子供っぽい麻衣さんが子供の目線で大人らしく活躍・成長する姿が楽しい作品だった。私が一番好きなのも,それが一番強く現れていた2008年6月号のレギンスの話。そんな作品だけに「もう終わっちゃうの?」とい気持ちが強い。さらに「単行本化の予定はありません」いうのが実に惜しい……。次回作は予定されているとのことなので,そちらに期待。

大きなニュースとしては,みつはしちかこ「小さな恋のものがたり」の休載入りが挙げられるか。学研から刊行されていた単行本も,5月発売予定だった最新刊の42巻が作者体調不良により発売延期された。

「これ好き!」作品はホームに次いで多いかも。中でも佐野妙「Smileすいーつ」,北条晶「はっぴぃママレード。」,ワカマツアツト「ひとみとコットン」の三作品は鉄板。末永く愛していきたい。特に「ひとみとコットン」は来年の展開が楽しみ。早く単行本化されないかなあ。水谷両氏の今後の活躍にも期待。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1060-6bc74c50

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。