スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがホーム』2009年1月号

今月は各誌の記事で,それぞれの雑誌のこの一年を振り返ってみようと思う。

神堂あらし「もののふことはじめ」
夫婦ゲンカと思ったらいつの間にかノロケ話になっていた。最初は怒っていた千草さんが,最後には克己さんとイチャイチャしているというこの落差よ。
夢枕人しょー「ふぁみにゅ?」
クリスマス。三人で騒いだり,大家さんの謎が明らかにならなかったり。何が楽しいかって,やっぱ騒がしさだよなあ。若菜は若菜自身で,きいろくんは取り巻きで,すみれさんは残り二人との絡みで。
橘紫夕「となりのなにげさん」
新登場の「ひよ子」に和んだ。二本目でのなにげさんとのやりとりが微笑ましい。ラス前ではプチなにげさんっぷりまで見せてくれちゃって。

私の中での「今一番面白い4コマ誌」という評価は揺るがず。昨年末から登場した仙石寛子・ふかさくえみ・夢枕人しょーの三氏に加え,8月号からは橘紫夕「となりのなにげさん」が連載開始。新人の布陣がもはや鉄板。どの作品も単行本化されるまで,そしてその先まで長く続いて欲しい。

その他で気になる方々は,ワカマツアツト・土家千明・水知せり(川上あずさ)の三氏。ワカマツ氏は,今月ではタイスペ連載の「おおつぶこつぶ」でゲスト登場していたけど,ホームでは連載の話はないのかな。土家氏はちょくちょく登場してきたけど,なかなか連載にならないなあという印象。水知氏は4月号での登場以来音沙汰がなかったけど,11月になってまんがタイムWebの新人紹介に登場していたのが嬉しかった。本誌にも戻ってきて欲しい。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1050-63142494

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。