スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがくらぶ』2008年12月号

【新連載】高野うい「桜色デイズ」
竹書房誌初登場。国際色豊かなアパート「緋桜館」の大家・さくらさんと住人たちの日常。国際的なさくらさんのキャラを見せる第一話。比較的淡々とした描写に,さくらさんの国際的=普通さを感じる。中でも世界中を飛びまわる一本の想像と現実の対比が効いてる。つかみはOK。ここからどのように・どれくらいの速度でキャラの国際色を強めてくるかな。
【新連載】魔神ぐり子「ヘルパーライフ」
2月号以来の登場にして連載化。淡々と仕事をこなす女性ホームヘルパーさん。エロ旦那&じじいにうんざりな奥さん,という一家のドタバタにも努めて冷静なヘルパーさん,というキャラ関係性はゲスト時と変わらず,男性陣の滑稽さを女性陣の強さと毒で見せる第一話。エロ作家の旦那に「若いホームヘルパーを陵辱する話でした」と青筋ひとつ出さずに言い放つひとコマが強烈。今後も楽しみ。
智「猫びより!ヒルネちゃん」
先月号からの連載作品。猫を愛でるヒルネちゃんがただただキュート。「むしろ逆かな…」の猫想像モードでキュートさがさらに加速する。可愛さドライブでどこまで行けるのかが気になる作品。

新登場な方々の一迅社色が強い。一部の方々は以前から竹書房誌に登場していたとはいえ,こうして三者が揃うと受ける印象も強い。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1032-9f77bc8b

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。