スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳文社『まんがホーム』2008年12月号

豊田アキヒロ「てんたま。」
料理研in文化祭。私が割烹着萌えと知っての所業か! ふたはに胸があるように見える。手当し・されのそーやとふたはごちそうさまでした。
【ゲスト】土家千明「親BAKAママ」
今作での登場は8月号以来。白い背景がもの寂しく見えてしまう。ハートとふわふわな背景,楽しく動くキャラたち,はいいとして,もっと作品に華やかさがあると嬉しい。
【隔月連載】仙石寛子「初雪、初恋」
雪の間だけその姿を現す「雪男」と出会った少女の話。「四季は愛」的な。季節が一巡りすればまた逢える,のではなく,この時この場で愛し愛されたい,という生き様を描こうとしているように感じた。最初の二本にも仙石氏らしさが出てるよなあ。
ふかさくえみ「ちまさんちの小箱」
自意識が沸騰中。対抗(?)して机の奥から発掘したウサギ型超快適枕のストラップをつけようと思います。
【ゲスト】ころねぱん「今日もみっちゃん。」
芳文社誌初登場。デイリー4コマの「つとむくんと太郎くん」を女の子二人にして学校ものにしたらこうなりました的な。一本の破壊力という意味では「攻防の」一本が好き。でも全体的には破壊力弱め。つとむ太郎のようにキャラが合法ドラッグキメてる感じがしない。「ホームだから」のひとことで精神の安定を図ろうと思います。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1031-1bd79501

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。