スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双葉社『コミックハイ!』VOL.43

全体的に「ねっとり」している。内面描写・関係描写とも。一部作品は絵柄そのものまで。というのが私の肌に合わなくなった,というのは2号前でも言ったことなんだけど,今号でそれを痛切に感じた。そもそも私は乙女ちっくな描き手を追うためにこの雑誌を読み始めたわけで(過去記事眺めて新井・山名作品への言及率が高いことを再確認),乙女ちっく亡き今となってはこの雑誌を読むモチベーションは少ないよなあ,とか,じゃあ私が言う「乙女ちっく」って何って聞かれたら,ひとことで返すなら「浮遊感」なんですが(本来の意味からは外れてるかもしれないけどとりあえず),今のコミハイ作品って現実に足がべったりついている作品か,浮遊を通り過ぎて昇天しちゃってる作品の両極端に分かれていて,ふわふわ浮かび続けられる作品ってないよなあと。結局これって「男性向け少女漫画」をどう解釈するかという問題で(そもそも新装刊後のコミハイって実は「『男女向け』少女漫画」なんだけど),コミハイを作る側は,新装刊から3年半を経て,今のコミハイを「男性向け少女漫画」の一応の到達点としてるのだろうけど,それが私の「乙女ちっく」「浮遊感」感覚と乖離し出してきてるなあと。最近では『コミックエール!』の方がその感覚に近い。こちらは「さらさら」している。受け売り言葉で言えば「清潔感」がある。これがベースにないとふわふわできない。ふわふわできないコミハイを切ってふわふわできるエールだけ追いかければいいのかもなーと思いつつ,こうして人は単行本派になっていくのだなあと今更ながらに思ったり。次号どうしよう。新井か山名か,あるいはWebの方で連載持ってる小谷あたるが連載してくれるって言うのであればモチベ回復できそうと思ったけど,いずれも次号予告に名前は無い。というところで締め。

トラックバック

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/tb.php/1018-9f517021

コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。