2011年07月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹書房『まんがくらぶ』2011年7月号・8月号

山野りんりん「お風呂のアレ」
水面上に見えるゆーこさんの上乳が大変セクシーだと思います。7月号は弟・ブルーと自称・美人漫画化のユカさん。ズボラで大雑把で豪快なお風呂スタイル。ブルーがアヒルたんとは逆のベクトルで苦労人(?)してて可笑しい。8月号は多分妹・ドットと体は男・心は女の由起たん。まさか作者作品でこの手のキャラを見ることになろうとは……!! コテコテのブリっ子で、一人称もしっかり自分の名前。彼女(?)を擁護するドットたんがまた別のベクトルで苦労人。変人×常識アヒルという関係性で攻めてきますなあ。これでアヒル4兄弟は出揃ったはず……だよね?
佐野妙「森田さんは無口」
7月号は牧先生の女子高生ズ観察。彼女たちを観測する先生の目から先生の心の中=観測結果に対する解釈=観察への誘導が見事。そしてオヤジギャグwww 観察者がいちいちどこか性的というかフェチ的で困る。
【ゲスト(7月号)】火ノ鹿たもん「機械仕掛けのアリス」
あ、何か分かった気がする。この作品は子供たるアリスの子供らしさを読む作品だと。「どちらも同じ布」に見える、固定観念にとらわれない発想。ご飯山盛りに見える、自分なりの思考と行動で他社を励まそうとする姿。いずれも実に子供らしい。こう言語化すると、前作の「はなまる姉弟」と色々つながるところがあるなあ。また読んでみたい。
スポンサーサイト

芳文社『まんがホーム』2011年7月号・8月号

何回か繰り替えして読んでみたけど、書きたいことがあまり無い。この雑誌も安定期に入ったなあという印象。ひとことだけ言うと、7月号で最終回を迎えたしんやそうきち「あなたなんか大嫌い」は、お話よりも作者の報われなさが辛い。もうひとことだけ言うと、8月号のゲスト・重野なおき「じょしもん」は、他の連鎖陣の中で見ると「!?」ってなる。

竹書房『まんがライフMOMO』2011年7月号・8月号

【ゲスト(7月号)】内村かなめ「お兄ちゃんの妹」
互いに素直じゃない兄と妹の日常。家ではぐうたら、学校ではしっかりな妹のキャラが生々しいというか、現実味があるというか。そして最後の一本に兄妹の今の関係性の惰性感が見え隠れしてて、退廃的に日常的。鬱々しい方の作者作品という印象。続くなら、この関係性に至った背景とかも見てみたい。
【ゲスト(8月号)】来瀬ナオ「はるかぜ日和」
WIN作品が単行本2巻発売記念ゲスト。太郎と手をつなぎたい吏南。吏南の葛藤を軽々と越える太郎の能天気さ、そして「せめて」と感謝の言葉を穏やかに伝える吏南が、この凸凹カップルらしくて微笑ましい。そして、最後の一本で「俺たちの戦いはこれからだ!!」と、誰のものだか曖昧な声が唐突に登場する様に、かしましき女子の独り言を見出してしまって、やっぱり好きだなあと思うのだった。今話は単行本2巻にも収録。

芳文社『まんがタイムきららキャラット』2011年7月号・8月号

7月号にはAチャンネル着せ替えクリアファイルが、8月号にはAチャンネルメガネふきが付録。

蒼樹うめ「ひだまりスケッチ」
7月号は料理が苦手ななずなが両親のために唐揚げを。家庭的なヒロさんが可愛すぎて俺が死ぬしエプロン姿ななずなが俺にさらに追い討ちをかける。何という女子女子しさ。なずなの両親がなずなを見守る様が優しくて安心する。これはゆのとその両親にも言えることで、あまり目立たないのだけど、この作品の親子関係は実に良心的だと思うの。もっとファミリー的な作者作品も読んでみたくなる。
高遠のね「九十九神いりませんか?」
絵が死ぬほど好みなのにキャラの性格とそれによる作劇がちょっと受け付けなくて、距離をつかみきれないでいる作品。7月号93ページ左→右のたからの態度の変わり様はちょっと唐突過ぎね? とか、8月号155ページ左の和紗はカルシウム足りなさ過ぎじゃね? とか。で、それゆえに、キャラ間の関係性までぎこちなくて、ほんわか絵なのに話にあまりほんわかできない。もっと仲良しな和紗・キョウや和紗・たからが見てみたいのだけども。

芳文社『まんがタイムオリジナル』2011年7月号・8月号

みなづき忍「先生のたまご」
たまこ先生とよだかくんは黄金コンビであることよ。7月号のパン対立が特に好き。たまこ先生の偉そうな煽り言葉が、先生なのにお子様レベルで、その天真爛漫キャラと相まって実に可笑しい。パンの安直なネーミングも子供っぽさを演出してるなあ。
安堂友子「ぎんぶら ~銀河ぶらりと調査隊~」
権田原さんのお尻の穴が心配な今日この頃です。さて、8月号は着ぐるみ星のブサメン(地球的価値観ではイケメン)。3本目で何となく展開は読めたのだけど、恥ずかしげもなくいい話に持っていかれて何も言えねえ。それでも、いい話の強度が控えめに笑いの光景として成立しているのは、ひとえに記者会見を4コマ目を絡めず1・2コマ目に持ってきている点にあるよなあ。この辺の話題に「4コマ目のドヤ顔性補強」という名前をつけてみる。

芳文社『まんがタイムきららフォワード』2011年7月号・8月号

みやびあきの「はぢがーる」
7月号は間接キス。手作りお弁当→本田くん使用済の箸→神楽さん「よしっ!洗った形跡なし」で盛大に吹いた。8月号は「あーん」。本田くんの「子供扱い」を逆手に取って行為の理屈づけをする神楽さん(を描く作者)が上手い。自身の真面目キャラを崩そうとすることなく課題を解決していく神楽さんの葛藤と機転が実に面白いのう。
平松正樹「魔法少女かずみ☆マギカ」
7月号→8月号の展開が熱い。あいりの病気を直すために魔法少女になったが魔女化してしまったユウリ、を殺したプレイアデス聖団を憎み暴走して魔女化してしまうあいり、を涙ながらに殺すプレイアデス聖団、と同じ業を背負うことを決意するかずみ。特にかずみが熱いでしょうと。あいりを助けたいと願うも叶わず、涙ながらにあいりを殺す友たちが無力さを抱えていることを理解し、その辛さを共にせんと決意する姿。そしてバケツブリン=おいしいものに死んだ二人を思い起こし、悲痛に叫ぶ姿。急激なキャラクターの立ちっぷりに熱くならざるを得ない。

一迅社『まんが4コマぱれっと』2011年7月号・8月号

【最終回(7月号)】内村かなめ「もっと!委員長」
風紀委員長をなみに譲って穏やかな締め、と思ったらゆかやくまが風紀委員入りしてさらなるドタバタを予感させての幕。ちよたちも卒業するわけじゃないので、また同じような日々が続いていく感を出すのは良い最終回だと思いませんか。そして、ハグハグと踏み踏みを「ギュッ」で結びつけて、ちよの欲望を一言で言い表しちゃうのがニクい回でもある。最後まで「プリミティブな欲望と女性性」を描きつづけてくれたなあ。単行本3巻では帯コメントを書かせていただいた思い出深い作品なので、終わっちゃうのはさみしく思うわけですが、作者のことなのでまた面白可笑しい次回作を出してくれると信じてます。単行本4巻は7月22日に発売。
【新連載(8月号)】米田和左「だんちがい」
団地住まいの一男四女の日常。上から順に、凛々しい夢月、主人公にしてフツメンの晴輝、素直じゃない弥生、ロリ双子の羽月と咲月。妹萌えと姉萌えが同時に摂取できる作品と思えばいいんでしょうか。一人ひとりを丁寧に見せていて作品に入りやすかった。「えこぱん」では振りきられた俺でもこれならいける! キャラがどう動くかはまだ分からないけど期待しちゃう。

9月号から湖西晶「うしのこくまいる!」が新連載。ぱれっとONLINEに掲載されているプレビュー版を見て始まる前から期待大ですよ。

芳文社『まんがタイムきららMAX』2011年7月号・8月号

守姫武士「お願い神サマ!」
7月号は熱っぽい柚梨子。「自身を制御できない」シチュが一人称的にも二人称的にも好きな俺へのボーナス回ですね。というか、これまでちゃんとこの作品が読めていなかったので、ちゃんと読もうという気になったところに好きシチュが来たのは本当に嬉しい。互いの言動に対するバカップル的なやりとりが頭悪くて良い。花占いの一本や「夢ですから!」など、二人の言動がシンクロしちゃう閉鎖的な関係性もおいしい。そんな意識で8月号を読んだら普通にベッドでいちゃいちゃしてて普段からこうなのかこの二人は! 最後の一本のポエムなんて二人の世界が出来上がってて誰も割り込めねえ。やっと読み方が分かった気がする。
柚木ガオ「ののことのらと」
8月号は眼帯のの子。よもや戦国ネタの要素をMAXで見るとは思ってもみなかった。この作品も頭悪いよなあ。非常識的な力を持ったキャラが、その能力とともに平然とバカバカしいやりとりを繰り広げる様が、ありていに言えばシュール。あるいは、中二的痛さを痛さとして隠さずに開けっぴろげにしている、というか何というか。好きなのはみかんとソーセージの一対二本。戯れの「戦」に、妄想ごっこ遊びに飽きる中学二年生を見出してしまって共感してしまうのよね。単行本が出るようで何よりだけど巻次表記が無い。連載はそろそろ終わるのかな。

芳文社『まんがタイムスペシャル』2011年7月号・8月号

板倉梓「少女カフェ」
7月号、みのりの質問にやさぐれて返す葉月さんに盛大に吹いた。ところで、この会話はお父さんには聞こえていないんですよね。いや、当たり前の話かもしれないんですけど、同じような空間において、宮嶋さんの「そして私…」は聞こえず、みおの「すっトボケ」は聞こえているわけで。この辺の制御を作者は意識的に行っているのかもしれない、とかなんとか。
【ゲスト(7月号・8月号)】山内八子「ケータイしてね!」
普通のサラリーマンと「ヒト型ケータイ」娘。計算は速い(電卓機能)、映画の後は無口(マナーモード)、漢字は得意(変換機能)と、ケータイの機能をキャラに上手くマッピングしていていい掴み。デコ=アクセサリーのマッピングはベタっちゃベタだけど可愛らしさが出てて好き。電話というモチーフ自体が好きなのでまた読んでみたい。再登場するなら、ケータイ機能見せでどこまで勝負できるか、そして電話が持つコミュニケーションの要素をどこまで入れてくるかが気になるところ。

竹書房『まんがくらぶオリジナル』2011年7月号・8月号

【企画(7月号)】もしもくらオリキャラが男女逆転しちゃったら!?
11作品が登場。「うちの姉様」のかたばみちゃんは腐ってそうな雰囲気。「リコーダーとランドセル」はこの設定でも女性が強い。「みもりろっくおん!」のみもくんは今野さんに普通に訴えられそうな関係性になってて興味深い。当たり前の話だけどキャラの性別って大事ですね。
東屋めめ「リコーダーとランドセル」
8月号はロリコン吉岡先輩のバスケ試合。男性でありながら攻めの姿勢を見せる(最後の一本ではあつみを悪寒させるほどの)キャラは作者作品では珍しい。彼の影で苦労する小林くんがいい動きしてる回。小学生の変装までして吉岡先輩を担いだ苦労が、あつみに対して申し訳ない結果になってしまった瞬間の可笑しさといったらない。
楠見らんま「いとおかし」
8月号はお隣のカフェのみどりさん中心。「プリンの可能性」の一本を読んで、凛々しいお姉さんときゅるんきゅるんしたショタという組合せが実においしいことを再確認しました。ここからみどりさんが更なる言葉攻めに入ってあおいくんを押し倒せば完璧。「男の娘」は男性向け要素だと思ってるけどショタや「おねショタ」は男女問わず愛好者がいるので、この作品が男女どちらを主なターゲットにしているかは気になるところ。ちなみにくらオリ読者の性別比は「男性55% 女性45%」だそうです。
【ゲスト(8月号)】くずしろ「姫のためなら死ねる」
WIN作品がゲストで登場。現代的解釈の清少納言物語。集中した頭で読むのは実は初めてかもしらん。「小さいもの(ようじょ)は皆可愛い」「ニート気質のブロガー」に始まり、ハァハァくんかくんかと変態的に中宮定子を慕い、そんな悶々とした脳みそで「枕草子は作られていく」など、枕草子の「もののあはれ」や「をかし」のイメージをぶち壊す清少納言が実に可笑しい。作中で使われる言葉にも「可愛くて生きるのが辛い」や「晒される」などのスラングを織り交ぜていて、ぶち壊し感を補強していて上手いなあと。

竹書房『まんがライフ』2011年7月号・8月号

【ゲスト(7月号)】おーすず葵「ちきんはぁと!」
新人4コマバトルから。幼なじみの男の子は頼りになるけど怖がり君。血に怯え、虫に怯え、雷に怯え。それでも幼なじみ同士で信じ合っている姿が好き。こんな幼なじみが欲しくなる系4コマ。また読んでみたい。
【ゲスト(8月号)】大川マキナ「保健室のユリカさん」
作者の久々の4コマ誌登場バンザイ!! 保健委員のユリカさんは頭が良くて優しいけれど恥ずかしがりや。そんな性格ゆえに友達がいなかったけど、今日ついに友達ができました、的な一話。一人相撲系のユリカさんと、そのお友達でメルヘン系の双葉さんという、作者お得意のキャラが両方とも楽しめる作品だと思った。続くなら、この関係性のまま、二人のキャラをもっと見せて欲しいなあと。
山東ユカ「スパロウズホテル」
8月号はカラーページにして海水浴でありすなわちサービス回。佐藤さんのおっぱいに尽きる回ってことでもういいよね。そりゃこんな単行本2巻特装版だって出るよね!
池尻エリクソン「田中さんちの白米ちゃん」
8月号は流しそうめん。ラスト4本が神がかってる。「流浪の」「予定が流れて」「流れる季節」「涙は流さないで」「流しのそうめん」「流し目」に始まり、そうめんくんが「水とそうめんは流れていないと腐ってしまう」とキザなセリフでキメたかと思ったら、積極的なそうめんさんに流されて、最後は「アツアツ」のにゅうめんに。濃密な言葉遊びに脳汁出まくり。俺はこの作品が好きすぎる。

芳文社『まんがタイムファミリー』2011年7月号・8月号

久しぶりに4コマ誌を読む気がする……。最新の話題に追いつけていないのはまずいよなあと自覚しつつある今日この頃。

佐野妙「小悪魔さん」
7月号は理々宅で女子勉強会。女子という要素に目を向ければ「Smileすいーつ」や「森田さんは無口」に通じるものがあり、圭の黒い感情に目を向ければ「しましま日誌」と共通するところがあったり。124ページ右なんてすごく「Smileすいーつ」っぽいのだよね。女子を観察する男子、的な。「観察」は作者4コマを読み解く鍵だと思ってる。
しめ子「ギュっとして!よねちゃん」
8月号はテスト週間のよねちゃん。よねちゃんの涙に尽きるよなあ。稲田さんにおにぎりを道具にされた怒りの涙、テストをクリアした(それは実は間違いなのだけど)喜びの涙。健気キャラが加速していく。
よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。