2008年03月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんがドカン小町がVOL.1をもって休刊決定

……との旨のタレコミを匿名で頂きました。タレコミ主曰く”確定情報”だそうです。

真偽の程は確認できていませんが,VOL.1の誌面を鑑みるに「それも仕方ないか……」との思いです。

続報が出次第お伝えする予定です。

関連記事・関連リンク

スポンサーサイト

3月16日(日)はきらとりVol.4に委託参加しません

なお、今回はすいーとポテトさんの委託販売があります。 よんこま小町で頒布したコピー誌を再販するとのことですので、気になる方は是非。

みことん(仮名): 3月16日はきらとりにサークル参加します

……と,委託先予定のでぃぷろ・えんじにあさんのブログには書かれていますが,今回の「きらきら★とりころ~る」Vol.4への委託参加は諸事情により見送ることになりました。悪しからずご了承下さい。

次回イベント参加は6月22日(日)に名古屋で開催される「よんこまスケッチ」Vol.1を予定しています。

竹書房『まんがライフオリジナル』2008年4月号

【ゲスト】石見翔子「ぐるくる」
ファミリー誌に登場するなんて思ってもみませんでした。幼な妻はダンナさまにラブラブなのです。そしてラブラブ空間は石見氏のお手の物なのです。嫁に来てください。ふと,石見氏の作品って女の子キャラのひとりごとシーンが多いなと感じた。
小笠原朋子「おいしい日曜日♥」
あかりさんの笑顔にクラクラな先生。”様子が変”って,そりゃあなたのことですよ先生,という滑稽さ。真の小悪魔は自身が小悪魔だと自覚していないという話。
【新連載】小坂俊史「中央モノローグ線」
中野,高円寺,吉祥寺……と,”中央線沿いに住む女子たちのつぶやき漫画”。同人サークル「ジャポニカ自由帳」での発表作品と同じ空気を持ちつつ,若干のコメディを含んだ作品。どこか自嘲的,あるいは迂遠的な4コマ目の言葉がしんみりくる。最後の一本,”「ふりだしに戻る」を早く踏みたがっている”なんて特に意味深じゃありませんか。

芳文社『まんがタイムきらら』2008年3月号

【最終回】ヒロユキ「ドージンワーク」
最終回,だけど特に感慨は無し。情報は追ってたけど,単行本は2巻まで,連載は3巻が出た辺りで追わなくなってたなあ。今作の初期の面白さはガチで,それはなじみとジャスティスがバカしかやってなくてでもそれだけで十分で,だけどいつからかなじみの成長を見守るジャスティスというキャラ関係になってからはどちらもキャラのインパクトが減ってしまって,でもそれは成長物語としては成功しているじゃないか,というのは別所で書いた通り。与えられたものと俺が求めていたものが違いましたねという話でした。5月号からは番外編ストーリーが開始。
【新連載】野々原ちき「メロ3!」
MAX2月号のチラ見せゲストを経て新連載。思考回路がギャルゲーベースのオタク少年。高校デビューをきっかけに”リアル彼女が作りたい”と意気込むも,実際に女の子に話しかけられたら卑屈思考&無免疫ゆえに逃げ出してしまう。そんな彼ですが,隣のクラスにおじゃますると,突然三人の女の子に呼びかけられてしまって――。ラス前の一本でMAX掲載分とリンクするのだけど,前回が女子視点なのに対し今回は男子視点。今後はどちらの視点で話が進むのかしら。そしてやっぱり「そらのひとひら」を連想してしまうのでid:esoratさんには是非単行本1巻を読んで欲しいと思いました(と絡んでみる)。
玉岡かがり「ダブルナイト」
おおっとここに来て雪影は男心と乙女心のバランスで雪くんとユキちゃんを行き来できるようになったぜ! 文字通り「乙女男子」になって彼のキャラが加速していく。
愁☆一樹「1年777組」
そうだよね想い想われのアンバランスさで日常を保ってた作品がバランスを得てしまったら逆に日常は描けなくなっていくよねうわああああああ!! どう見ても終幕へ一直線な展開に取り乱すんだぜ。
【最終回】凪庵「天獄パラダイス」
最終回らしい最終回。第一話とリンクさせるとはにくい。今後は同人誌で発行予定の単行本2巻,ぱれっとLiteでの新連載,そしてジャンボ4月号でのゲスト掲載に注目。

芳文社『まんがタイム』2008年3月号

周回遅れになる前に……。

【ゲスト】千岡ななえ「つぎはぎアップリケ」
ちょっと前から系列誌に登場してる作品。デパートの洋服屋で働く新人の女性店員さん。先輩を見習って頑張ります! というお話。キャラのちんまいデフォルメや4コマ目での無表情で冷静なツッコミに誰かを思い出せそうで思い出せない。線の太さがまちまちだけど,細い線の方がこの絵には似合いそう。
現在発売中のドカン小町VOL.1には,Webサイトの4コマ「お梅とお松」が収録されている。

一迅社『まんが4コマKINGSぱれっとLite』VOL.1

3月1日創刊の萌え系4コマ誌。『まんが4コマKINGSぱれっと』増刊号として刊行。以後,毎月2日発売。

VOL.1の執筆陣は,鳴海ゆう,のり,高野うい,内村かなめ,間狩修,口八丁ぐりぐら,雁えりか,まもウィリアムズ,しんやそうきち,米田和佐,神堂あらし,森田夏菜,楓月誠,河南あすか,匿名木のぞむ,日高怜,胡せんり,たにたけし,たつねこ,望月和臣,ハラヤヒロ,桜坂未来,SANA,凪庵,武梨えり(掲載順,敬称略)。ぱれっと本誌や一迅社アンソロから多数登場している。

雑誌全体としては男性向けという印象。いや,萌え系自体,全般的に男性向けなのかもしれないけど,きらら系列誌で言うMAXと同じ位置づけのように感じたってことです。

特設ページで告知されてる「かんなぎ出張編」はたった1ページだったので,「かんなぎ」がどんな作品かはよく分かりませんでした。というか”白亜”というキャラ(なのかな?)が無説明で出てくる辺り,初見の読者は想定してないと見ていいよね?

以下に個別の作品の感想を。おそらく全て新連載。

高野うい「あねけん」
ぱれっと本誌連載「あにけん」の番外編。本編の主人公・満くんの姉・睦は漫画家志望。自分のことをネタにする姉に,満くんは反撃を企てるが――という第一話。やりつやられつ,でも最後は負けてしまう満くんなわけですが,そんな姉弟の掛け合いが楽しい。そして大人びたお姉さんは俺の好物です。あと,さりげなく「はにかみ」が宣伝されてて吹いた。
内村かなめ「限定彼女」
幼なじみの少年に告白,実は両想いでドキドキ,と思ったら首筋にカプッとされて,いきなり血を吸われちゃって――な少女の話。俺の大好物の吸血ものが来たよ! 吸血はセックスの隠喩とは良く言ったものだけど,さらに”エロ”とか”H”とか”押し倒し”なんて言葉が出てきて女の子に真っ赤な顔をされたら,意識しちゃうのはしょうがないですよね!? そんな言葉攻め(攻め言うな)にダウン。
口八丁ぐりぐら「ゆきくも」
質素かつ無目的な青年。ふとポケットの中に入ってた家政婦紹介所のチラシを見て,自分好みの容姿の人を頼んだのはいいが,やってきたのはあまり役立たなそうな少女で――。何よりもまず少女の笑顔。過去のぐりぐら氏の作品では見られないような爽やかな可愛さを感じるのは俺の読み込みが足りないからですか? ともかく,コメディ的な第一話で,安心できる楽しさ。
神堂あらし「フリーマップ」
剣と魔法と冒険の世界。道に迷った修行中の魔法使いの少年が森で出会ったのは,破天荒な冒険家のお姉さん。何やかんやでトラブルに巻き込まれて――。女性キャラのいかがわしさで回るところが神堂氏の作品らしいというか。正統派西洋ファンタジー設定の作品は意外にもこの作品だけ。既存のファンタジー作品と一味違う見せ方になって欲しいと期待。
楓月誠「うみねこより。~六軒島へようこそ!!~」
同人ゲーム「うみねこのく頃に」が4コマで登場。タイトルの「び」は赤文字よ。うみねこは知らないんだけど,可愛い系ではなくシュール寄りの作品かな。どんなものでも元ネタを知っていたほうが楽しみの幅は広がるという話。あ,”フリーのカメラマン”にはニヤニヤできました(それうみねこ違う)。
胡せんり「渚のハイQ部」
舞台は”常夏島”。テレビに感化されて,友人を引き込んでビーチバレー部を始めようとする少女の話。キャラ見せ程度の第一話。巨乳好きの先生はボケとツッコミの両刀で活躍してくれると勝手に期待してます。あとはビーチバレーのディテールをどこまで取り込んでくるかが気になるところ。
ハラヤヒロ「机上の勇者」
”姫”に”魔王”に”魔法”。何の演劇かと思いきや,部屋で興じられていたのはTRPGだった。誘われるままに主人公の少女も仲間に入るが――。題材がすげえ局所的だけど,主人公の初心者らしさが丁寧に描かれているから,TRPGの知識ゼロでも問題なく読めると思う。知ってる人は”C&C”辺りでニヤニヤするんだよきっと。初プレイにうずうずして,可愛らしくおバカな行動や発言をする主人公のキャラでもって見せてくれる。
凪庵「デンタル漫画 はみがき子たん」
間違えてた自分が言うのも何ですが「デタル」じゃなくて「デタル」ですよ! ということで作者サイトのWebコミックが登場。はみがき子たんは歯磨き粉屋さん。食べたものに合わせて,リンゴにオレンジにバナナにと,お好きな味を文字通り絞ってくれるよ! そんな味ネタで見せてくれる第一話。ソーダとトマトと牛乳を与えたらアクアフレッシュを絞ってくれるに違いない! 他キャラでは向かいの中華料理屋の姉妹が最後にちょろっと登場したけど,今後はもっと増えていくんだろうなあ。ハブラシたんとかもきっと登場するはず。

うん,これだけの作品があれば十分いいスタートになったんじゃなかろうかと。ぱれっと本誌との差異はそのうちにじわじわと出てくるだろうから,今後も追いかけて行こうと思う。

次号VOL.2は4月2日に発売。おこさまランチ「ネットの海でつかまえて★」が新連載。4コマ誌では『もえよん』以来の登場かな。

よつぎりポテト内を検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。